2013年07月21日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

日本文理vs中越

2013年夏の大会 第95回選手権新潟大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

終盤の手に汗握る攻防を制し、日本文理準決勝進出

強豪校同士の対戦となった準々決勝最後の試合。2009年の甲子園準優勝校ということもあって、スタンドにはこの日1番の観客が熱戦の行方を見守った。

一回裏、日本文理が四番・小黒 一輝(3年)、五番・渡辺 大雅(3年)の連続タイムリーで2点を先制。中越は、先発・林駿一(3年)をわずか10球で諦め、2番手・高橋(2年)に委ねる。日本文理先発の大谷内 睦規(3年)は序盤からテンポのいいピッチング。スコアボードに0を並べる。迎えた五回裏、日本文理は高橋を攻め、3本のヒットとエラーで2点を追加。リードを4点に広げる。大谷内の前になかなかチャンスを作れなかった中越打線は円陣を組んで臨んだ七回表、打線が爆発。大谷内と日本文理リリーフ陣を攻め、4本のヒットと押し出し四球などで、同点に追いつく。

一進一退の攻防が続く中、勝ち越し点を奪ったのは日本文理。八回裏、九番・池田 貴将(2年)のタイムリーと中越3番手・星のワイルドピッチで2点を勝ち越す。九回表、迎えた中越最後の攻撃だが、ここで粘りを見せる。先頭の代打・治田(1年)が二塁打で出塁すると、三番・細貝光(3年)のレフト前タイムリーで1点差。だが、反撃もここまで。最後は日本文理4番手の小太刀(2年)が後続を打ち取り、6対5で日本文理が勝利した。

(文:編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第100回新潟大会の組み合わせ決定!春の県大会優勝の日本文理の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
日本文理vs金沢学院【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
日本文理vs坂井【2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球大会】
佐久長聖が接戦を制し決勝に駒を進める!【春季北信越大会・4日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
日本文理vs加茂暁星【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
関根学園vs中越【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
日本文理vs新津南【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
第643回 県2強日本文理・中越に続くチームの存在【大会展望・総括コラム】
第480回 日本文理【後編】悩み、学び、考える新潟の長い冬【野球部訪問】
第479回 日本文理【前編】大井イズムの継承、日本文理新チーム始動【野球部訪問】
第61回 北信越勢の意識も変えた09年夏、日本文理の準優勝で歴史も変わる【新潟県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第74回 長野西高等学校(長野)【冬が僕らを強くする2018】
第644回 鈴木裕太(日本文理)「すべては新潟県に優勝旗を持ち帰るため」【後編】 【2018年インタビュー】
第642回 鈴木裕太(日本文理)『信越の剛腕』誕生の瞬間 【前編】 【2018年インタビュー】
第516回 若林 尚希さん(日本文理出身)「県勢初の夏準Vに導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第217回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【後編】 【2014年インタビュー】
第216回 飯塚 悟史選手(日本文理高等学校) 【前編】 【2014年インタビュー】
中越 【高校別データ】
日本文理 【高校別データ】
第95回新潟大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

新潟県地域応援スポンサー

新潟県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る