侍ジャパントップチーム監督に就任決定した稲葉篤紀氏が「全力疾走」を語る!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.07.31

▲侍ジャパントップチーム監督に就任した稲葉篤紀氏

侍ジャパントップチーム監督に就任決定した稲葉篤紀氏が「全力疾走」を語る!

 31日、侍ジャパン強化委員会は、稲葉篤紀氏のトップチーム監督就任を発表した。
 稲葉氏は現役時代は、日本代表を3度経験。一度目は、2008年の北京五輪。続いて、2009年と2013年のWORLD BASEBALL CLASSICにも出場。さらに、2013年11月には、トップチームのコーチも務めるなど代表経験は豊富だ。

 今回はそんな稲葉氏が2013年の高校野球ドットコムのインタビューで語った『全力疾走』の意義について、改めてメッセージを届けたい。

侍ジャパントップチーム監督・稲葉氏が語った「全力疾走」の意義とは?

――稲葉さんはショートゴロとかセカンドゴロのときでも4.2秒前後で走られて、全く抜かない。ヒットのときぐらいですね。

稲葉 凡打ほど悔しいんです。凡打ほど悔しいけど、そこで全力疾走することによって結構切り替えられるんです。

――そういうものですか?

稲葉 そういうものなんです。あれをたらたらやると、引きずるんです。あの塁間の27メートル(27.431メートル)の間で切り替えができるんです。ピッチャーゴロもそうですよ。ピッチャーゴロ打って、ああ、と思ってゆっくり走るとだめなんです。あそこでバババーッと全力で走ってパッと切り替えるというのが僕のやり方なんです。

――本当に4.2秒とかだいたいそんなタイムです。速いですよ。

稲葉 いいベテランがいるチームほどいいチームだと思っているんですよ。そういうのを見て後輩たちが何かを感じて、僕たちもやらなきゃと思ってくれればいいし。そういうものを伝統にしていきたいなと思ってやっています。

【この記事の続きを読む】

 2020年東京五輪を見据えての今回の就任。金メダルを目指して稲葉ジャパンがスタートする。

【関連記事】
侍ジャパンWBC無念の準決勝敗退も、胸を張れる日本野球! 【ニュース - 高校野球関連】
日米決戦は10時からプレーボール!U-18代表vsアメリカ代表の試合を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 キューバ戦の盗塁に見る「隙を突く」戦術【WBC特集】
第13回 【動画インタビュー】鈴木 将平(静岡・侍ジャパンU-18代表)【Player’s Voice】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
第12回 【動画インタビュー】林中 勇輝(敦賀気比・侍ジャパンU-18代表)【Player’s Voice】
侍ジャパンU-18代表vs韓国代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
侍ジャパンU-18代表vs中国代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
侍ジャパンU-18代表vsインドネシア代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
第11回 【動画インタビュー】今井達也(作新学院・侍ジャパンU-18代表)【Player’s Voice】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
第10回 【動画インタビュー】藤嶋健人(東邦・侍ジャパンU-18代表)【Player’s Voice】
第413回 鹿取 義隆氏【後編】「侍ジャパン」への入り口に立つ投手・指導者たちへ 【2016年インタビュー】
第412回 鹿取 義隆氏【前編】「侍ジャパン」への入り口に立つ投手・指導者たちへ 【2016年インタビュー】
第130回 北海道日本ハムファイターズ 稲葉篤紀選手(後編) 【2013年インタビュー】
第129回 北海道日本ハムファイターズ 稲葉篤紀選手(前編) 【2013年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
甲子園抽選会はどの試合を引き当てると一番有利なのか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る