千葉県は100回大会の地区割が勝敗にどう影響するのか?

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.01.11

大谷拓海(中央学院)


【第100回記念大会展望】千葉県は地区割の変更がどう影響するのか??

 2018年は、1915(大正4)年に第1回大会が始まった現在の全国高校野球選手権大会が第100回大会を迎える。途中、戦争による中断があったものの、今日まで1世紀以上の歴史を作りあげてきた。

 そして、18年の100回大会は記念大会となり、甲子園への出場校も増加される。記念大会で増枠となる地区では、どんな期待感があるのだろうか。通常の1代表から、2代表となる7地区の今季の動向を探ってみた。まずは千葉県編だ。

(続きを読む)

【関連記事】
東千葉は木更津総合がベスト16 千葉黎明が3回戦敗退【選手権東西千葉大会・16日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
東千葉は木更津総合がコールド発進、西千葉は松戸国際が快勝【選手権東西千葉大会・14日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
稲毛vs横芝敬愛【千葉県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 東千葉大会】
第717回 戦国千葉2018 西千葉 「習志野、専大松戸の二強を追うチームは?有力校を徹底紹介」【大会展望・総括コラム】
第708回 戦国千葉2018 打高投低の東千葉 成田vs多古など序盤から好カードから続出!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第711回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第155回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.1 「柴田颯、今里凌、小幡竜平」【ドラフト特集】
木更津総合vs横浜【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
健大高崎vs木更津総合【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
木更津総合vs国士舘【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第677回 今里凌(専大松戸)「軽く打つ意識で打撃開眼を」 【2018年インタビュー】
第589回 伊藤 翔投手(徳島インディゴソックス)「NPB入り、その先の『ヒーロー』へ駆け上げる」 【2017年インタビュー】
第528回 専修大学 高橋 礼選手「アンダーハンドでも140キロ超えができたワケ」【後編】 【2017年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
敬愛学園 【高校別データ】
志学館 【高校別データ】
西武台千葉 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
千葉英和 【高校別データ】
千葉商大付 【高校別データ】
千葉明徳 【高校別データ】
東海大市原望洋 【高校別データ】
東京学館船橋 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
松戸国際 【高校別データ】
市立松戸 【高校別データ】
横芝敬愛 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
健大高崎が桐光学園の粘りを振り切り、8強へ!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る