大阪桐蔭・徳山ら4名が早稲田大スポーツ推薦合格!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.11.16

徳山壮磨(大阪桐蔭)

徳山壮磨、西垣雅矢ら4名が早稲田大スポーツ推薦合格!

 本日11月16日、早稲田大学よりスポーツ推薦入学試験の合格者が発表され、野球部は4名が合格したことが分かった。
 まず一人目は、大阪桐蔭のエースとして活躍した徳山 壮磨投手。今年の甲子園でも2試合に先発し、16イニングを投げて自責点は1。存在感を大いに見せつけた。同じく大阪桐蔭から、背番号9で捕手兼外野手を務めた、岩本 久重選手も早稲田大学へ。

 そして作新学院から鈴木 萌斗選手。春の選抜大会まではリードオフマンとして活躍していたが、夏からは3番となり、春夏連続の甲子園出場に導いた。(夏は盛岡大附に敗れ1回戦敗退)

 報徳学園からは西垣 雅矢投手。3年夏の甲子園出場は叶わなかったものの、春の選抜大会では、2回戦・前橋育英打線を4安打完封に抑える好投を披露するなど、ベスト4に入る原動力となった。

 以上4名、全国でも結果を残している豪華な顔ぶれが、早稲田大学に戦いの場を移す。今秋、70年ぶり2度目の最下位に終わった早稲田大。その巻き返しへ。そして新たな黄金時代形成へ。4人は神宮の舞台でも躍動する。

早稲田大学 2018年度スポーツ推薦入学試験 合格者一覧
岩本 久重大阪桐蔭
鈴木 萌斗作新学院
徳山 壮磨大阪桐蔭
西垣 雅矢報徳学園

【関連記事】
駒大スポーツ推薦合格者発表!全国制覇の花咲徳栄の1・2番コンビが揃って進学! 【ニュース - コラム】
【今日のコム注】早稲田大スポーツ推薦合格を果たした選ばれし4名を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第601回 【愛顔つなぐえひめ国体・総括】坊っちゃんでの「愛顔(えがお)」を 四国次世代へ「つなぐ」ために【大会展望・総括コラム】
第73回 大阪桐蔭(大阪)編「2000年代史上最強の超強豪校・大阪桐蔭のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第11回 U-18ワールドカップ!人気記事ベスト5!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第19回 【動画インタビュー】川端健斗(秀岳館・侍ジャパンU-18代表) 【Player’s Voice】
第17回 【動画インタビュー】徳山壮磨(大阪桐蔭・侍ジャパンU-18代表) 【Player’s Voice】
第565回 徳山壮磨(大阪桐蔭) 「選抜優勝投手を支える微調整術」 【2017年インタビュー】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vs早稲田大学【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
第395回 早稲田大学 加藤 雅樹選手「辛い時は野球を始めた時のことを思い出してやってきた」 【2016年インタビュー】
習志野(千葉1位)vs日大三(東京・推薦) 【2010年春の大会 第62回関東地区高校野球大会】
興南(沖縄・推薦)vs樟南高校(鹿児島1位)【2010年春の大会 第126回九州地区高校野球大会】
興南(沖縄・推薦)vs 福岡工業(福岡2位)【2010年春の大会 第126回九州地区高校野球大会】
岩本 久重(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
鈴木 萌斗(作新学院) 【選手名鑑】
徳山 壮磨(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
西垣 雅矢(報徳学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
球児がENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017で印象に残ったシーン・選手とは?!【出動!球児に聞き隊!】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る