2017年WBC代表・松田 宣浩選手(福岡ソフトバンク)の原点は大学時代にあった!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.03.10

松田 宣浩選手の大学時代の様子を語る内田 俊雄監督(現・拓殖大)

■高校野球ドットコム 恩師が語るヒーローの高校時代 NEW!!
松田 宣浩選手(中京-福岡ソフトバンクホークス)「あいつにはすべてを託したいと思わせる魅力がある」

 2005年秋に大学生・社会人ドラフトの希望枠で福岡ソフトバンクホークスに入団した松田 宣浩選手。11年から16年までに5回、三塁手としてゴールデングラブ賞を受賞。また、13年に続き、今年も2大会連続でワールドベースボールクラシックの代表として侍ジャパンのメンバーに名を連ねるなど、NPB屈指の強打の三塁手として活躍中だ。そんな松田選手を亜細亜大の監督、総監督として指導していた内田 俊雄氏(現拓殖大監督)に、当時の松田選手の様子について語っていただいた。(記事を読む)

【目次】
[1]松田ほど扱いやすい選手はいなかった
[2]1年生の時から好投手を攻略 持っていると感じた
[3]現在の華々しい活躍は、学生時代からつながっている

【関連記事】
なぜ、今年の高橋純平は好戦的なのか? 【ニュース - コラム】
第77回 高橋純平(県岐阜商ー福岡ソフトバンク)「なぜ今年の高橋純平は好戦的なのか?」【ドラフト特集】
2017年WBC代表・武田翔太投手の恩師が語る「成長のターニングポイントとなった大分遠征」 【ニュース - コラム】
第37回 武田 翔太投手(宮崎日大-福岡ソフトバンクホークス)「成長のターニングポイントとなった大分遠征」【vol.2】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第36回 武田 翔太投手(宮崎日大-福岡ソフトバンクホークス)「意識高く、練習を大切にする投手 右肩上がりの成長のかげに」【vol.1】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第29回 松田 宣浩選手(中京-福岡ソフトバンクホークス)「あいつにはすべてを託したいと思わせる魅力がある」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第2回 キューバ戦の盗塁に見る「隙を突く」戦術【WBC特集】
第437回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「自らの弱さと向き合うことで、もっと強くなれる」【後編】 【2016年インタビュー】
第436回 内川 聖一(福岡ソフトバンクホークス) 「日本一の安打製造機が語る、野球選手としての『あり方』論」【前編】 【2016年インタビュー】
第347回 福岡ソフトバンクホークス 千賀 滉大投手 「二度の大変身を経て得た剛速球」 【2015年インタビュー】
第219回 福岡ソフトバンクホークス 本多 雄一選手(鹿児島実業高出身) 【2014年インタビュー】
第212回 福岡ソフトバンクホークス 松田 宣浩選手(岐阜・中京高出身) 【2014年インタビュー】
中京 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
梼原、完封勝利でベスト4進出!【春季高知県大会・26日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る