• トップ
  • ニュース
  • コラム
  • 田中 賢介(日ハム)× 日高 泰也(ウイルソン)対談!切磋琢磨で創る「プロフェッショナル」のグラブ

田中 賢介(日ハム)× 日高 泰也(ウイルソン)対談!切磋琢磨で創る「プロフェッショナル」のグラブ

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.03.20

田中 賢介選手(北海道日本ハムファイターズ)

【プロ選手・クラフトマン対談】
田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【前編】 切磋琢磨で創る「プロフェッショナル」のグラブ

「W」のマークでおなじみのウイルソン社グラブ・バットを使用している代表的プロ野球プレーヤーと言えば田中 賢介選手。昨年も北海道日本ハムファイターズの日本一に貢献。今シーズンも活躍が期待される堅守・堅実性あふれる二塁手である。今回はそんな田中選手とウイルソンのプロダクトマーケティングチーム・日高 泰也氏との対談を通じ、高校球児の皆さんにも参考となる「用具の選び方」を探っていく。前編では「プロとして」意見を出し合う中で出たグラブについて、2人が語る。(コラムを読む)

【目次】
[1]お互い「プロとして」意見を出し合う中で創る用具
[2]意見をぶつけ合い、すり合わせる中で生まれるグラブ々変化し続ける田中 賢介グラブ、2017年は「デュアル」を採用

【関連記事】
北海道日本ハムファイターズ・谷元 圭介投手を支える ザナックスの「革質」 【ニュース - パートナー情報】
試合中の一工夫で守備率アップ?!ウイルソンのお手入れ動画講座第三弾! 【ニュース - パートナー情報】
第7回 田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【後編】 野球も用具も、常に「挑戦」【特別企画】
第6回 田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【前編】 切磋琢磨で創る「プロフェッショナル」のグラブ【特別企画】
第34回 宮西 尚生投手(市立尼崎-北海道日本ハムファイターズ)「自分の現在地を把握すれば、成長度合いは大きく変わってくる」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第33回 宮西 尚生投手(市立尼崎-北海道日本ハムファイターズ)「高校入学時の球速は108キロ!それでもプロにいける器だと感じた理由」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第27回 大野 奨太選手(岐阜総合学園-北海道日本ハムファイターズ)「人間的な評価をされていることが、大野の一番のファンとしても嬉しい」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第495回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「土壇場に強くなるために、いつでも平常心で」【後編】 【2017年インタビュー】
第491回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「身長をハンディするのではなく、武器にすればいい」【前編】 【2017年インタビュー】
第488回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「野球に特化したトレーニングを追求しよう」【後編】 【2017年インタビュー】
第480回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「僕は変化することを恐れない」【前編】 【2016年インタビュー】
第477回 北海道日本ハムファイターズ 宮西 尚生投手(市立尼崎出身)「超一流の中継ぎが実践する調整法」 【2016年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
兵庫最強捕手・猪田和希(神戸国際大附)の甲子園行きが決定!甲子園の借りは甲子園で返す!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る