社会人野球の都市対抗二次予選は17日の近畿からスタート

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.05.15

 高校野球はこれから各チーム勝負の夏の選手権地方大会に向けて追い込みの時期になっていきますが、社会人野球は先に勝負の1カ月が始まります。

 代表32チームを目指す第89回都市対抗野球大会の二次予選が17日の近畿地区からスタートします。

 今日までに、東京、西関東、東海、近畿の組み合わせが決まりました。





 東京は今大会では神宮球場を使用せず、府中市民球場とメットライフドームが会場で、トーナメントと敗者復活で行われます。予定通りに進めば第1代表決定戦は28日で、全国で代表一番乗りです。

 西関東(神奈川と山梨)は今年も横浜スタジアムが会場。トーナメント→リーグ戦→トーナメントの3段階方式で2代表を決めます。

 全国で最も厳しい予選と言われる東海は今年も18日間、岡崎市民球場が会場です。トーナメントと敗者復活で6代表が決まります。

 5代表を決める近畿は17日に明石トーカロ球場わかさスタジアム京都で1回戦を行い、2回戦からはシティ信金スタが会場。第1代表決定戦は31日に京セラドーム大阪で行われます。

 3月からここまで行われてきた社会人野球のJABA大会は予選リーグを経ての準決勝、決勝のトーナメント方式でしたが、都市対抗予選は多くの地域がトーナメント。もちろん、東京ドームで行われる本大会は負けることが許されない一発勝負のトーナメント方式です。

 日本で慣れ親しんだトーナメントだからこそ、リーグ戦とは違う面白さや厳しい戦いがあります。

 高校球児の皆さんも、ぜひ社会人野球の都市対抗予選から、夏に臨むヒントを見つけてみてくださいね!

(文:松倉 雄太)

コメントを投稿する

前の記事:
甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路の2強に割って入る明石商
次の記事:
選抜出場の駒大苫小牧の初戦はクラーク記念国際!春季北海道大会の組み合わせ決定!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る