牛乳が苦手な選手

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.05.15

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人は、乳製品やカルシウムを多く含む食品などを代用しよう。

 牛乳にはタンパク質やカルシウムなど、身体づくりに欠かせない栄養素が多く含まれています。成長期には特に「牛乳をたくさん飲みなさい」と言われた選手も多いのではないでしょうか。一方で牛乳が苦手という選手や、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして身体にあわないという選手もいます。これはアレルギーの一種である乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)と呼ばれる体質を持っている可能性があります。

 牛乳の代わりになるものを探してみると、まず考えられるのが牛乳以外の乳製品です。乳糖不耐症が疑われる選手であれば、牛乳はダメでもヨーグルトなら大丈夫というケースが多く、乳糖の含有量との関係が考えられます。ヨーグルトやチーズなどは製造段階で乳糖が分解され、牛乳に比べて少なくなっています。
 カルシウムを多くとりたい場合は小魚や野菜などからも摂取できますが、より吸収率を高めるためにはマグネシウム(ナッツ類、ゴマ、大豆製品など)やビタミンD(きのこ類、卵、魚介類など)を多く含むものと一緒にとると良いでしょう。それでも乳製品そのものがダメという場合は、乳製品に含まれるタンパク質やカルシウムなどを別の食品からとるようにします。

 また「豆乳は牛乳の代わりになりますか」という質問を受けますが、豆乳と牛乳では含まれている栄養素が違ってきますので、豆乳のみで牛乳の代わりにはなりません。豆乳に含まれるタンパク質は牛乳とさほど変わりませんが、カルシウムが牛乳に比べて少ないことが指摘されています。
 一方で豆乳は牛乳に比べて鉄分を多く含むことが知られているので、鉄欠乏性貧血などに悩んでいる選手にとっては積極的にとりたい食品の一つであるといえるでしょう。牛乳が苦手…という選手は、乳製品での代用や、カルシウムを多く含む食品などを積極的にとるように心がけてみてくださいね。

 

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
暑さに身体を慣れさせる 【ニュース - その他】
限られた時間で強くなるためにはトレーニングが重要 【ニュース - コラム】
第4回 効率的なトレーニングについて動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第193回 関節のゆるみとケガのリスク【セルフコンディショニングのススメ】
第3回 選手を支えるスポーツ栄養学【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第192回 環境の変化とコンディション【セルフコンディショニングのススメ】
第2回 水分補給の際の注意点と感染症予防について【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第224回 北海道日本ハムファイターズ 増井 浩俊投手【後編】 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路の2強に割って入る明石商
次の記事:
選抜出場の駒大苫小牧の初戦はクラーク記念国際!春季北海道大会の組み合わせ決定!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る