劇的サヨナラ打はエースで主将の福島 孝輔(同志社大学)

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.04.10

福島孝輔(同志社大学)

 関西学生野球リーグ第1節3回戦

 「入学してから関大戦で勝ち点を獲ったことがなかったので嬉しいです」。殊勲の逆転サヨナラ打を放った同志社大学の主将・福島 孝輔投手は興奮冷めやらぬ様子で喜びを話してくれました。

 昨日行われた関西学生リーグ第1節の3回戦。1勝1敗で勝った方が勝ち点を獲得する大事なカード。同志社大学の澁谷卓弥監督(元滝川第二監督)の采配が最後に当たりました。

 この試合、1回戦で先発した福島投手ではなく、仲野 芳文投手を起用した澁谷監督。「福島を後ろに回す」と決断した上で、1回戦と2回戦にリリーフして安定したピッチングを見せていた仲野投手に「ゲームを作ってほしい」と託しました。

 その仲野投手は1回に1点を失ったものの、2回以降は走者を出しながらも得点を与えない粘りのピッチング。7回途中からは左腕の村居 尚磨投手がリリーフして7回と8回を0に抑えました。

 澁谷監督が見せた驚きの采配は8回の攻撃。先頭打者だった村居投手の所で、福島投手を代打に起用したことです。福島投手の打撃の良さは大阪桐蔭時代から知られていましたが、大学野球で投手を代打で起用することはほとんどないと言えます。突然の代打に驚いたという福島投手ですが、「流れを変えてほしいと解釈しました」と意気に感じて打席に入ります。関西大学の肥後投手の初球を捕えた打球はライトライナー。とはいえ、この打席が9回の布石となりました。9回表、代打からそのまま三番手としてマウンドに上がった福島投手。走者は出したものの、無失点で9回裏の攻撃に入ります。

 9回裏、先頭の4番・前田 涼太選手(4福知山成美)と5番・福原 健太選手(4今治西)の連打で一、二塁のチャンスを作った同志社大学。しかしその後、3バント失敗と三振と2アウトとなってしまいます。ここで打席に立ったのが福島投手でした。「普通なら代打だと思う。でもそのまま立たせてくれた。決めてやろうと思っていました」と再び肥後投手の初球を振り抜くと、打球は左中間を破りました。同点は確信できただけに、「(一塁走者の)福原に還ってきてくれと願っていました」という願いがかない、人生で初となる逆転サヨナラ打。劇的な勝利で第1節の勝ち点を獲りました。

 代打に投手を起用する。勝負所の投手の打順でそのままいく。投手の打撃が良い選手でも、なかなかできる采配ではないと思います。

 澁谷監督は「オープン戦では福島を試合途中にファーストに就かせることがあった」と、従来の大学野球には見られない采配を考えていたことを考えていたことを明かします。振り返れば土曜日(7日)の1回戦ではリリーフの村居投手を一度ファーストに就かせ、ワンポイントで別の投手を投げさせた後、再び村居投手をマウンドに戻すという継投をしていました。今シーズンの同志社大学、そして澁谷監督の采配に今後も注目です。

 一方、敗れた関西大学の早瀬万豊監督は最後の1球を振り返り、「まともに勝負にいきすぎた」と悔やみました。福島投手にはその前の打席で初球をフルスイングされています。結果的にはもう一度初球でストライクを取りにいったために再びフルスイングされました。配球の難しさを感じたと言えるのではないでしょうか。

 さて今シーズン、福島投手は人生初となる主将として同志社大学を引っ張ります。主将としてチームをまとめるための工夫などを聞くと、高校時代の大阪桐蔭・西谷浩一監督から学んだことを思い出しながらやっていることを明かしてくれました。「今朝も西谷先生の記事が出ていたので、それを全員にLINEで送りました。粘り強さなど大阪桐蔭でに経験を生かすようにしています」と話した福島投手。大学ではまだ全国大会の経験がなく、「アツい奴らが揃っているので、大学最後の年となる今年にかける思いは強い」と優勝して大学選手権に出場する決意を見せています。

 リーグ戦はまだ始まったばかり。果たしてどの大学が優勝するのでしょうか?


関連記事
● 桐蔭横浜大(神奈川)齊藤 博久監督「選手主体のゲームプラン作り」【前編】
● 大学野球選手権を通して再考したい休養日について
● 大学選手権とプロ野球の日程に見える因果関係!?
● 今からでも間に合う!東京六大学野球の楽しみ方

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
大学選手権組み合わせ決定 【ニュース - その他】
関西の大学野球でデビューした注目の1年生4選手! 【ニュース - その他】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
第73回 大阪桐蔭(大阪)編「2000年代史上最強の超強豪校・大阪桐蔭のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第42回 小林 誠司選手(広陵-読売ジャイアンツ)「プロでの成功を確信したエピソード」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第38回 小林 誠司選手(広陵-読売ジャイアンツ)「誠司にキャッチャーをやらせた理由」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第14回 大阪桐蔭(大阪)編2「大阪桐蔭の強さは一度の負けを糧にできること」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第303回 宮本 慎也氏【後編】「上手くなるには誰にでもできることの積み重ねしかない」 【2015年インタビュー】
第302回 宮本 慎也氏【前編】「走る意欲は大きなアドバンテージになる」 【2015年インタビュー】
福島 孝輔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る