• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 高校サッカーでも話題になった過密日程、高校野球は日程とどのように向き合うべきなのか?

高校サッカーでも話題になった過密日程、高校野球は日程とどのように向き合うべきなのか?

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.01.10

 一昨日行われた高校サッカー決勝後の記者会見で、流通経済大学付属柏の本田裕一郎監督が日程面の厳しさを大会の懸念材料として挙げました。また日本代表の長友佑都選手も過密日程問題についてツイッターで発言しています。野球関係者も見過ごせない日程面での問題。「各競技で疲労度は違うのでは」という意見があるかもしれませんが、まずはそれを置いておいて、年末年始の各競技のスケジュールを整理してみましょう。






 こうやって整理してみると、冬休みに行う各競技の日程の組み方がよくわかると思います。野球は甲子園1会場で1試合ずつですが、ほかの競技は同時進行で各会場(各コート)でそれぞれ試合が行われています。そういった意味で、野球は恵まれていると言えるのではないでしょうか。

 一方、今回のサッカーのように日程面で選手の疲労を考慮していないという声が出てくるのもわかる気がします。ただ、学生スポーツ(部活動)はあくまでも教育の一環。その見地で見れば、冬休みの競技は決勝日を延ばすと大学入試センター試験と日程が被ることになります。そうなると、応援する体制を整えることができない学校が出てもおかしくありませんね。因みに夏に行われている高校総体(インターハイ)は日程がさらにタイトな競技があります。全国的な注目度があまり高くなく、高校野球で盛り上がる時期でもあり話題になることは少ないようですが。

 センター試験やテレビ中継、スポンサーなどの絡みもあり、プレーヤーズファーストだけでは大会の運営はできないことはよくわかります。それでも、今回の本田監督や長友選手のように日程面に関する声が出てくることは大事で、他の競技でも思う所があれば積極的に声を出していくべきです。高校スポーツではないですが、箱根駅伝で4連覇を達成した青山学院大学の原晋監督も積極的に声を挙げていますよね。



箱根駅伝で4連覇を達成した青山学院大学の原晋監督

 普段高校野球を取材していると、「日程面など注文をつけると、高野連サイドから睨まれる」と恐れている声も聞きます。何事にも時間がかかってしまうのが難点なのですが、それでも睨まれたとしても現場から声を挙げていき、まとめる形にしていかないといけないと私は思います。

関連記事
● 投手の負荷の高い登板の<長期的><短期的>影響を考える。


● お笑い芸人・吉村卓也がセンバツ大阪対決と投球過多問題を語る
● 市立船橋サッカー部「理想は自発的に自分のためのトレーニングができる選手になること」
● 全国制覇三度の東海大仰星ラグビー部から「体作り」の方法を学ぼう!

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
スーパーボウルから見えるバックアップの準備力、フォールズと大阪桐蔭のあの選手が重なる! 【ニュース - その他】
長野オリンピックメモリアルデー!冬季オリンピックと野球のつながり 【ニュース - その他】

コメントを投稿する

前の記事:
健大高崎が桐光学園の粘りを振り切り、8強へ!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る