味噌汁パワーを味方にしよう

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.12.05

一杯の味噌汁で身体を温め、アスリートに必要な栄養素をとろう

 身体づくりのためにはバランスの良い食事が不可欠ですが、寒くなってきたこの時期に特にオススメしたいのが味噌汁です。温かい味噌汁は身体の中から温めるため、朝練など寒い気温の中で身体を動かすときに、自宅で一杯飲んでおくとウォームアップの時により短時間で身体が温まりやすくなります。また練習で汗をかくと水分と一緒にミネラル分も排出されるため、味噌汁を飲むことで水分と塩分補給にもつながります。味噌汁には大豆由来のタンパク質が含まれるだけではなく、その中に入れる具材によってさまざまな栄養素を一緒にとることが出来ます。

タンパク質を多くとりたいとき
身体づくりの一つとしてタンパク質をより多くとりたいというときには、豆腐や油揚げなどの大豆製品、豚肉を入れての豚汁風、卵を追加してもおいしくいただけます。ソーセージやベーコンなどを入れるとそれ自体が出汁代わりになりますし、そもそも出汁を取るのが面倒という場合はかつお節を一緒に入れると簡単に一人分のお味噌汁を作ることができます。

野菜を入れてビタミンを補給したいとき
好きな野菜を入れて味噌汁を作ると、野菜に含まれるビタミンやミネラル分、食物繊維などをとることが出来ます。本来、野菜に含まれるビタミンCは熱に弱い性質があるのですが、でんぷんで保護されているイモ類(じゃがいも、さといも、さつまいも等)は比較的熱に強いものが多いので、こうした食材を取り入れるとビタミンCの補給もあわせて行うことができます。

海藻類・貝類をうまく取り入れよう
昆布やワカメなどの海藻類は普段から日常的にとるのがむずかしい食材の一つですが、味噌汁に入れることで海藻類のもつ栄養素をとることが出来ます。ミネラル分や食物繊維を多く含み、腸内環境を改善する効果が期待できます。またあさりやしじみなどの貝類には鉄分、セレン、亜鉛などのミネラルやビタミンB2などを多く含むため貧血気味の選手などには積極的にとってもらいたい食材の一つでもあります。

 味噌汁は手軽に準備でき、練習前後を問わずにとることで水分・ミネラル分補給はもとより必要な栄養素を上手にとることが出来ます。身体づくりのおともとして味噌汁を活用してみましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
第183回 冬のランニングプログラムの考え方【セルフコンディショニングのススメ】
オフシーズンに行うランニングの考え方とは!? 【ニュース - コラム】
摂取する前に要チェック!サプリメントの知識レベルを上げよう! 【ニュース - その他】
第182回 シンスプリントを起こしやすい選手の特徴【セルフコンディショニングのススメ】
第181回 今日から始める疲労回復マネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第180回 ランニングシューズを見直そう【セルフコンディショニングのススメ】
第179回 肩を強くするためのトレーニング【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
2試合とも激しい一戦となった九州大会準々決勝2試合を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る