• トップ
  • ニュース
  • その他
  • オフシーズンの頑張りを春に実感!トレーニング効果が現れるまでの身体の変化

オフシーズンの頑張りを春に実感!トレーニング効果が現れるまでの身体の変化

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.12.01

トレーニング効果はなかなか顕著に現れませんが、続けることが大切

トレーニング効果が現れるまで

 オフシーズンに入り、本格的にウエイトトレーニングを行ったり、グランドでのフィジカルトレーニングを行ったりするチームが多くなってきていると思います。トレーニングを続けると身体も大きくなり、筋力アップが見込めるため、来シーズンを見据えて地道に行っていくことが大切です。ただしトレーニングを習慣的に行っていても、その効果が現れるのには時間がかかるということを理解しておきましょう。

 トレーニングを取り入れた早期の段階では、トレーニングによる筋肉痛がひどく、翌日、翌々日も動くと痛みを伴うこともあるでしょう。これは筋線維が破壊されて、新しい筋肉を作るための修復段階にあるためです。大きな負荷によるダメージが回復していない状態で、一時的に筋力も落ちてしまいますが、そこからトレーニングをしたときの負荷に対して「負けないように」より強い筋線維を再生しようとします。このタイミングで適切な休養と栄養(主にたんぱく質)が伴うと、トレーニングによって超回復が起こります。しかしまだこの段階では筋線維が目に見えて大きく太くなるところまでには至りません。

 トレーニングを続けて一ヶ月ほどたつと、扱える重量が増えて「筋力が上がった」と感じるようになります。この段階では筋肉が強く太くなるというよりも、筋肉を動かすための運動神経がより大きな力を発揮できるように適応してきた状態です。もともと筋肉は持てる力の100%を出すのではなく、ある程度セーブしながら力を発揮しています(100%近くを出してしまうと筋肉や関節を痛めてしまうため)。運動神経によってセーブされた状態を少しずつ解除していく状態であると考えるとわかりやすいと思います。ちなみに「火事場の馬鹿力」という言葉がありますが、これはもともと運動神経によってセーブされた筋力が、とっさの場面でその制御が外れて大きな力を発揮する例えであると言われています。

 さらにトレーニングを続けて2〜3ヶ月たつと、体重での除脂肪体重(体重から体脂肪量を引いたもの。この増減が筋肉の増減と考えられている)が増えてくるようになります。ここまで続けてようやく筋線維が太くなり、筋肉量が増えてくることになります。トレーニング効果は一朝一夕に現れるものではなく、こうした生理的な変化を経てようやく現れてくるものであり、ここまでいかに我慢強く続けられるかということもトレーニングを行う上では大切です。トレーニングを続けて行っていくと、オフシーズンが終わる春頃にはトレーニング効果が実感できるようになるでしょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
脱水のシグナルを見逃さない 【ニュース - その他】
暑さに身体を慣れさせる 【ニュース - その他】
第4回 効率的なトレーニングについて動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第193回 関節のゆるみとケガのリスク【セルフコンディショニングのススメ】
第3回 選手を支えるスポーツ栄養学【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第192回 環境の変化とコンディション【セルフコンディショニングのススメ】
第2回 水分補給の際の注意点と感染症予防について【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】

コメントを投稿する

次の記事:
大阪桐蔭・智弁学園が登場!本日開幕の近畿大会初日の結果をトーナメント表でチェック!【春季近畿大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る