身体を温める食材を有効活用しよう

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.11.10

とうがらしの効いたキムチと豚肉の相性は抜群。豚キムチは疲労回復に理想的なメニューの一つです

 気温が下がってくる時期は身体が冷えやすく、筋肉も硬くなりがちです。こうした身体の状態をスポーツに適応させるためには入念なウォームアップが欠かせませんが、しっかり時間をとって行わないとなかなか温まらないと感じる選手も多いと思います。

 身体を温める方法としては身体の外から温める場合(服を着る、湯船につかって身体を温める等)と、身体の中から温める場合(運動で体温を上げる、食べ物によって身体を温める等)がありますが、ウォームアップの場合は水分補給を兼ねて温かい飲み物を飲んでから身体を動かすようにすると、身体の中からしっかりと温まります。

 特に効率よく身体を温める飲み物としてオススメしたいのは、紅茶にしょうがを少し入れたしょうが紅茶や温かいココアなど。運動前ですので多少甘み=糖分があっても、エネルギー源として利用されるので過度に気にする必要はありません。甘さがかえって気になる場合は温かいお茶や白湯などでもOKです。身体に温かいものを入れて動くだけでも思った以上にポカポカと温まりますよ。

 また運動後には疲労回復の点から考えても、やはり身体を温めることは習慣として行いたいものです。特に帰宅後の入浴はシャワーなどでささっと済ますのではなく、湯船につかって身体全体を温めるようにしましょう。身体が温まると全身の血流がよくなり、疲労物質を分解・代謝するサイクルが早く進むようになります。食事については体を温める効果が期待できる薬味を上手に活用しましょう。

 しょうがやニンニクなどはもちろんですが、とうがらしやネギ、ニラなども食べると身体が温まる食材です。身体づくりに欠かせないタンパク質を含む食材も同じく熱産生に効果が期待できますので、鍋料理や豚キムチやしょうが焼き、ニラ玉などの炒め物など手軽にできるメニューを準備して、身体を温めるようにしてみましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
疲労骨折の兆候を見逃さない 【ニュース - その他】
体重・体脂肪測定で筋肉量をはかる 【ニュース - その他】
第181回 今日から始める疲労回復マネジメント【セルフコンディショニングのススメ】
第180回 ランニングシューズを見直そう【セルフコンディショニングのススメ】
第179回 肩を強くするためのトレーニング【セルフコンディショニングのススメ】
第178回 テニスボールを使った疲労回復法【セルフコンディショニングのススメ】
第177回 肩甲骨の動きをよくするエクササイズ【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
三刀屋が昨秋中国大会出場の出雲西を破る!【春季島根県大会・22日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る