痛みが出る前の予防が大切!歯の話

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.09.29

口腔内のコンディションが悪くなると身体全体に影響を及ぼす。早め早めの対策を心がけよう

痛みが出る前の予防が大切!歯の話

 セルフコンディショニングを実践してほしい理由の一つに「ケガの予防」が挙げられます。身体の状態を整え、しなくてもいいケガを防ぐことがその目的ですが、それ以外にも日々確認してほしいことの一つに口腔ケア(虫歯予防・虫歯治療等)が挙げられます。

 歯の健康について考えてみると、歯痛が起こってから歯科医院に駆け込むことが多いのではないでしょうか。虫歯や歯周病を予防するためのケアであったり、噛み合わせのチェックであったりといったことはあまり重要視されてこなかったかもしれません。筋肉はトレーニングなどによって筋線維に損傷が起こり、それを修復するためのシステムが整っていますが、歯は一度虫歯になってしまうとそれを回復させることはむずかしく、これ以上進行しないように治療することが一般的です。悪化してしまうと神経や歯そのものを抜かざるをえない状況にもなります。

 歯を一本失ってしまうと噛み合わせのバランスは崩れ、身体のコンディションそのものにも影響を及ぼすことが考えられます。また虫歯などで片側ばかりを使って噛むクセがついてしまうと、顎関節を痛めたり、重心位置がずれてしまうことによるパフォーマンスの低下なども懸念されます。何よりも虫歯になると痛みを伴いますので、野球のプレーに集中できなくなるのではないでしょうか。歯痛だけではなく、頭痛を訴えてくる選手も多く、頭痛の原因が虫歯であったというケースも見られます。

 近年はスポーツドリンクやレモンなど飲食物に含まれる酸で歯が溶けてしまう酸蝕歯(さんしょくし)になる人が増え、歯が黄ばんだり、欠けたりするだけでなく、知覚過敏も引き起こすといわれています。酸性・アルカリ性を示すpH(ペーハー)値は、数値が低いほど酸性に傾きますが、口腔内のpHが5.5以下になると歯のエナメル質が溶け始めると言われています。酸性の強いもの(お酢やドレッシング、コーラ、みかん、トマトジュースなど)をとった後には水やお茶などを口に含むようにするだけでも酸蝕歯になるリスクはおさえられます。

 痛みや不具合が起こってから対応するのではなく、定期的な歯のメンテナンスを行うことも視野に入れて、コンディショニングチェックの項目として虫歯の有無や歯科医院の受診などを確認しておくようにしたいですね。歯科治療は3ヶ月~半年に一度の定期受診を勧められることが多いとのことですので、一年以上歯科医を受診していない場合は、これを機会に受診しておくことをオススメします。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
熱中症予防の指標WBGTについて 【ニュース - その他】
連戦を勝ち抜く食事のポイント 【ニュース - その他】
第197回 手軽にできる夏の暑さ対策【セルフコンディショニングのススメ】
第7回 緊急時の怪我の対処法について動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第196回 試合当日のトラブルに対応する【セルフコンディショニングのススメ】
第6回 試合当日の食事とアクシデントの対処法についてを動画で解説!【チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント】
第195回 肩の前側が痛いときの原因と対処法【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

次の記事:
甲子園は100%の力を発揮できる場所!西東京の優勝候補・日大三の吹奏楽部を訪問!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る