判断力を鈍らせないための食生活

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.09.26

アスリートは勝負事への執着心が強いので、リレー形式のランニングは盛り上がるかも

判断力を鈍らせないための食生活

 アスリートにとってコンディションを整えるということは、身体だけではなく精神的にもよりベストな状態に保つということを指します。身体の状態がよくても気持ちにムラがあったり、時に思いがけないアクシデントに対してイライラしたりしてしまうとプレーにも影響を及ぼします。

 特に「イライラするのはカルシウムが足りないから」といったことを聞いたことがある人も少なくないでしょう。ミネラル分の一つであるカルシウムは骨や歯などの材料になるだけではなく、脳神経に働きかけて興奮を鎮める作用があると言われています。カルシウムの少ない食生活を送っていると、最初のうちは血液中のカルシウム濃度を補おうと骨に蓄えてあるカルシウムを血液中に放出して、何とか血中のカルシウム濃度を保とうとしますが、やがて身体にとって必要最低限のカルシウムが確保出来なくなってきます。

 また骨にあるカルシウムが少なくなってしまうと日々身体を動かすアスリートとしてはパフォーマンスに影響が出るだけではなく、ケガのリスクが高まることも予想されます。このようにカルシウムが不足するとやはり長期的には身体のコンディションを下げることになりますので、普段からカルシウムを多く含む食べ物や、カルシウムの吸収を促す役割のあるビタミンDを含む食べ物(魚類、きのこ類、卵黄など)を積極的に食べることが大切です。

 またスナック菓子を日頃から習慣的に食べている場合は、食生活を見直すようにしましょう。スナック菓子には糖分や油脂が多く含まれるだけではなく、カルシウムの吸収を阻害するリン酸を含みます。牛乳やヨーグルトなどを積極的にとっていても、一緒にスナック菓子を食べてしまうとカルシウムの吸収が悪くなるということ。スナック菓子は「たまのご褒美」程度にとどめておくようにしましょう。

 そして何より大切なのは朝食をしっかり食べるということです。一日の始まりは朝食によって決まるともいえるほど、朝食をとることは大切ですし、アスリートとしてはその内容もしっかり整えたいところ。朝食を抜いてしまうとエネルギー源である糖質が不足し、身体はもとより脳のエネルギー不足で頭が働かずボーッとしたりイライラしやすくなり、集中力も不足してしまいます。心身のコンディションを整えるためにも、アスリートに適した食生活を送っているかどうか振り返ってチェックしてみるようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
食物繊維で腸内環境を整える 【ニュース - その他】
強肩になりたい球児必見!肩を強くするためのトレーニングを紹介 【ニュース - コラム】
第179回 肩を強くするためのトレーニング【セルフコンディショニングのススメ】
第178回 テニスボールを使った疲労回復法【セルフコンディショニングのススメ】
第177回 肩甲骨の動きをよくするエクササイズ【セルフコンディショニングのススメ】
第176回 ケガをしたときに行うセルフチェック【セルフコンディショニングのススメ】
第175回 日焼けによる疲労とその対応【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
花咲徳栄が甲子園初優勝!勝ち上がりをトーナメント表でチェック!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る