雨の試合も楽しくなる、グランドもすっぽりの全面シートに注目!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.09.07

雨の試合も楽しくなる、グランドもすっぽりの全面シートに注目!

 雨の日のグランド整備といったら、「まずは、雑巾などを使用して水分をとります。そして乾いた土を入れた後に、トンボをかける。」などを思い浮かんだ人も多いのではないでしょうか?

 ポート・アーサー球場Port Arthur Stadium)では、内野をすっぽり覆う全面シート(レインシート)を使います。マウンドやベースの周りだけでない、全面を覆うシートは、シートを敷くのを見るのだけでも楽しいです。

 最近では甲子園をはじめ日本の球場でも見られるようになったレインシートですね。カナダの球場でもこのシートが敷かれると観客席から拍手や歓声が沸き起こります。雨の日の野球観戦の楽しみの1つですね。


特設サイト:第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ
観戦レポート:ポートアーサーってどんな球場?球場から考える今大会の考え方

【関連記事】
ついつい手を振りたくなるポート・アーサー球場のマスコット 【ニュース - その他】
第4回 ポートアーサーってどんな球場?球場から考える今大会の考え方【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】

コメントを投稿する

前の記事:
越前の小京都 豪雪地帯で鍛える県立の雄・大野高校(福井)【冬が僕らを強くする】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る