「球速・回転数・回転軸」を簡単に計測できる、ミズノのMAQとは??

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.09.05

MAQと専用アプリケーション

簡単に「回転数」が計測できる夢のようなボール「MAQ」

 近年ボールの「キレ」や「ノビ」が重要視されている野球界。「キレのある変化球、ノビのあるストレート」という言葉が使われている。しかし実際に「キレ」やボールの「ノビ」が数値として表されることはなく、あくまで主観的な感覚として扱われてきた。

 最近ではプロ野球で大型の機材を使い、「球速、回転数、回転軸」が数値として表わされるようにはなってきたが、これはあくまでプロ野球界の話。高校球児がこのような機材を使い、自分の正確な球速や回転数などを知ることができる機会はなかった。

 しかし、ついに高校生や中学生でもこの「球速、回転数、回転軸」がミズノの「MAQ~MAKYU」という新製品によって簡単に知ることができるようになる。

デモンストレーションを行った三浦大輔氏

 このミズノの「MAQ~MAKYU」は「球速、回転数、回転軸」を測定する専用のセンサーをボールの中に内蔵。そのため見た目、触り心地は普通の硬球との違いはない。この点について、デモンストレーションを行った元DeNAベイスターズの三浦 大輔氏も「触り心地も硬球と一緒ですし、違和感なく投げることができますね」と使いやすさに言及した。

 心配される耐久性も130キロの衝撃試験を3000球繰り返した後も全く問題なく使用できる。ボールはワイヤレス充電器でボールを置くだけで充電可能。さらに専用のアプリケーションで「球速、回転数、回転軸」を数値として見ることができる。また複数人、過去の投球データも確認でき、好調時、不調時の比較なども簡単に行うことができる。精度面でもプロで使われている機材と同等の精度を算出していて、高校球児にとっては夢のようなボールになっている。

 三浦氏は「ここ数年、回転数を測る機会が増えてきています。また一つの目安ができたのかなと。数値として出るのでわかりやすいと思います。」と語り、新たな使い道の可能性についても「大学生、高校生、中学生でもどんどん使っていいと思います。全選手に投げさせて回転数のいい者をピッチャーにするとかそういう選び方もできると思いますし。大きな機材を使わずにボールとスマホだけでこうやって数値に現れるのは楽しみですよね」と話した。

 ここからプロ野球や大学でのテストを重ね、2018年春の発売を予定している「MAQ~MAKYU」。高校球児にも「数値」としてデータが現れるこの商品を使って、新たな目安ができる時期は近いかもしれない。

MAQ(マキュー)についてもっと知る!
MAQ特設サイト

【関連記事】
打撃に特化したスパイクなど開発!元球児・田林正行さんに聞く! 【ニュース - インタビュー】
第668回 打撃に特化したスパイクなど開発!元球児・田林正行さん(ミズノ)に聞く! 【2018年インタビュー】
きょう最終日!アンダーシャツを50名様にプレゼント! 【ニュース - その他】
第15回 体を冷やしたほうがパフォーマンスがアップするってホント?暑さ対策に新提案!【特集コラム】
第12回 原宿の女子高生に聞いた!球児の好きな部位はどこ?オフの筋トレでここを鍛えたい!【特集コラム】
第13回 ミズノプロ「フィンガーコアテクノロジー」を調査! 開発者・須藤氏に聞く!フィンガーコアテクノロジーってどんなグラブ?【特集コラム】
第12回 トレーニングバットの活用法【動画で解説】【特集コラム】
第11回 オススメの練習着パンツ履き比べ! キミに合う練習着パンツはどっち?!【特集コラム】
第233回 話題のスパイク【開発秘話】を調査 GEハイストIQ・ミズノプロCQ 鷲見将成さん 【2014年インタビュー】
第105回 ミズノバットマイスター 名和 民夫 さん 【2012年インタビュー】
第101回 ミズノスパイクマイスター 春名 明弘 さん 【2012年インタビュー】
第97回 ミズノグラブマイスター 岸本 耕作さん 【2012年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
【名将たちの言葉】桐蔭横浜大・齋藤監督が振り返る会心のゲームとは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る