いよいよ沖縄大会決勝!そして都市対抗もアツい戦い

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.07.16

いよいよ沖縄大会決勝!そして都市対抗もアツい戦い

 第99回全国高等学校野球選手権地方大会。昨日(15日)は、47大会で413試合が行われました。岐阜大会本巣松陽vs各務原が今夏全国で4度目となる延長15回引き分け再試合となりました。

 今日(16日)は45大会で356試合が予定されています。岐阜の再試合のほか、兵庫では注目右腕・山本 拓実投手を擁する市立西宮が初戦を迎えます。

 そして、沖縄大会決勝です。

興南vs美来工科

 2年ぶりの出場を狙う興南か?中部工時代の1979年以来38年ぶりの出場を目指す美来工科か?
甲子園一番乗りはどちらのチームになるのでしょうか。楽しみですね。

 さて、14日開幕した都市対抗野球も熱戦続き。ここまで2日間の結果を整理しておきましょう。

7月14日
豊田市代表・トヨタ自動車5-1福岡市代表・九州三菱自動車(延長12回タイブレークサヨナラ)
7月15日
門真市代表・パナソニック3-2岡崎市代表・三菱自動車岡崎
鈴鹿市代表・Honda鈴鹿3-2山形市代表・きらやか銀行
東京都代表・東京ガス5-1福岡市代表・西部ガス

白熱の都市対抗にもぜひ注目してみてください!

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
NTT東日本が優勝!表彰選手はこの人 都市対抗野球最終日 【ニュース - その他】
決勝カードが決まる!都市対抗野球11日目 【ニュース - その他】

コメントを投稿する

次の記事:
2年前の甲子園を経験した神野がチームを引っ張る!天理(奈良代表)【チーム紹介】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る