食事は量とバランス、そして楽しく!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.06.16

食事量も大切ですが、栄養バランスとそして何より楽しく食べることが大切

食事は量とバランス、そして楽しく!

 アスリートにとって毎日の食事は練習やトレーニングと同じくらい大切なもの。最近では「食トレ」といって食事もトレーニングの一つという位置づけになり、練習中に補食などをとってより多くのエネルギー源を確保するチームも増えてきました。高校野球選手にとって練習のある日に必要な摂取カロリーは4500kcalとも5000kcalとも言われており(体格や個人によって変わります)、これを三食でまかなうにはかなり時間をかけなければ食べられないということになるでしょう。

 一日の食事量を増やすためには無理してご飯を流し込むのではなく、しっかり噛んでおいしく食べられる量を何回かにわけて食べるようにするとよいでしょう。トレーニングですから少々我慢を強いられるのかもしれませんが、それでも吐きそうになるまで無理して食べることは「食トレ」ではありません。

 ご飯にマヨネーズやご飯にソースだけで何杯も食べることは、食事量としては及第点であっても、栄養バランスや胃腸への負担を考えると必ずしもよいものであるとは言いがたく、そもそも食べることそのものが精神的な負担になってしまう可能性があります。

 野球選手にとって必要なのは食事量ももちろんですが、栄養バランスの取れた食事をとることが大切です。ご飯をたくさん食べようと思うのであれば、ご飯に海苔、かつお節、明太子、梅干し、ちりめんじゃこなどご飯をおいしく食べられるような付け合わせの食材を選ぶこと、卵かけご飯やお茶づけなど食べやすい状態でたくさん食べることなどを心がけましょう。もちろんメインとなる主食についてもタンパク質を中心に栄養バランスのよいものを準備することが望ましいといえるでしょう。

 食べるタイミングについても練習前後の補食タイムを上手に活用すると、三食の食事量を落とすことなく、より多くの栄養を取ることができます。補食についてはメインの食事に差し支えない程度(250kcal程度)にとどめるようにするとよく、水分補給としてフルーツジュースや野菜ジュースなどをとると不足しがちなビタミンやミネラル分も補給できます。ただしジュース類は糖分が多く含まれるため、飲みすぎには注意しておきましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
爪が割れたときに行う爪ケア 【ニュース - その他】
食物繊維で腸内環境を整える 【ニュース - その他】
第179回 肩を強くするためのトレーニング【セルフコンディショニングのススメ】
第178回 テニスボールを使った疲労回復法【セルフコンディショニングのススメ】
第177回 肩甲骨の動きをよくするエクササイズ【セルフコンディショニングのススメ】
第176回 ケガをしたときに行うセルフチェック【セルフコンディショニングのススメ】
第175回 日焼けによる疲労とその対応【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

次の記事:
日本航空石川、富山商らがベスト4へ!【秋季北信越大会・15日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る