豪華メンバー、大学野球選手権決勝はどんなメンバーで戦われたの?

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.06.12

豪華メンバー、大学野球選手権決勝はどんなメンバーで戦われたの?

 「第66回全日本大学野球選手権大会」決勝が昨日(11日)に行われました。

国際武道大学(千葉県大学野球連盟)
101 000 000 =2
500 001 21X =9
立教大学(東京六大学野球連盟)

両チームの先発メンバーと投手リレー

国際武道大学
1番セカンド 矢後颯太(4年・東海大相模)
2番ショート 井上幸司(4年・東海大五)
3番サード 勝俣 翔貴(2年・東海大菅生)
4番センター 服部 創太(4年・東海大相模)※主将
5番指名打者 磯網 栄登(2年・東海大相模)※敢闘賞獲得
6番レフト 豊田 寛(2年・東海大相模)
7番ファースト 三河 聖央(2年・横浜)
8番キャッチャー 筒井文也(4年・東海大菅生)
9番ライト 赤木 陸哉(2年・作新学院)※首位打者賞獲得

先発ピッチャー 伊藤 将司(3年・横浜)
二番手ピッチャー 林 桂大(3年・銚子商)
三番手ピッチャー 青野 善行(3年・市立船橋)
四番手ピッチャー 国本達樹(4年・松本第一)
五番手ピッチャー 高橋 直也(3年・東海大甲府)
六番手ピッチャー 平川 裕太(3年・東海大浦安)

立教大学
1番センター 寺山 寛人(3年・神戸国際大附)
2番ショート 熊谷 敬宥(4年・仙台育英)※主将
3番ファースト 飯迫 恵士(3年・神戸国際大附)
4番サード 笠松 悠哉(4年・大阪桐蔭)
5番レフト 山根 佑太(4年・浦和学院)
6番指名打者 大東孝輔(4年・長良)※最高殊勲選手賞獲得
7番ライト 高取克宏(4年・日大二)
8番キャッチャー 藤野 隼大(2年・川越東)
9番セカンド 林田景太(3年・島原)

先発ピッチャー 手塚周(2年・福島)
二番手ピッチャー 中川 颯(1年・桐光学園)※最優秀投手賞獲得

 名前を見るだけでも、選手達の高校時代の活躍が思い出される人もいるのではないでしょうか。

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
大学選手権とプロ野球の日程に見える因果関係!? 【ニュース - その他】
長嶋さんの前で立教大学優勝!ミスターの観戦裏話 【ニュース - その他】
第510回 鈴木 貴弘選手(日大三-JR東日本)「春4強・夏制覇に導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第353回 立教大学 飯迫 恵士選手 「常に首位打者を目指せる選手になりたい」 【2015年インタビュー】
第296回 立教大学 大城 滉二選手「勝つための走塁は迷いを一切なくすこと」 【2015年インタビュー】
第283回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身) 【後編】「最後まで仲間を支えるのが浦和学院野球部」 【2015年インタビュー】
第282回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身)【前編】「浦和学院は個人の結果に一喜一憂しない」 【2015年インタビュー】
第8回 海外の子供達を指導,阪長友仁からのメッセージ~日本野球の真髄とは~【人間力×高校野球】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る