香りでリフレッシュ!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.04.21

香りでリフレッシュ!

 最近のアスリートは男女問わず「いいにおい」「よい香り」にリラックス効果を求めることが多いのではないでしょうか。ユニフォームを洗濯する際にも柔軟剤の香りにこだわってみたり、部屋でアロマキャンドルを炊いてみたり。好みの香りでホッと一息つく時間があると、気分転換や気持ちの切りかえにもよい影響をもたらすと考えられます。

 よい香りをかぐと自然と気分がゆるむような気になるのは、嗅覚の持つ作用にあるといわれています。五感から得られる情報は脳へと伝えられるのですが、視覚や聴覚から得られる情報は理性をつかさどる大脳新皮質に伝達されるのに対し、嗅覚から得られる情報は人間の本能をつかさどる大脳辺縁系に伝達されることが知られています。大脳辺縁系という部分は脳の中心部に位置し、喜怒哀楽や「好き」「嫌い」などより本能的な部分を支配しているところです。

 さらに大脳辺縁系は自律神経をつかさどる脳の視床下部と連携しているため、副交感神経を刺激し、反射的にリラックスモードにシフトします。帰宅したときにおいしいご飯のにおいがすると、それだけで幸せな気分になるのは嗅覚のもつ伝達のメカニズムによるものであると言えるでしょう。五感の中でも嗅覚から得られる情報のみが大脳辺縁系に直接伝わるのは、その背景に食べ物のにおいや自然のにおい、他者のにおいなど、自らの生存を左右する情報であるからと言われています。

すがすがしい香りは頭も心もリフレッシュ。上手に使いこなしたいものですね。

 気分転換となる効果的な香りはさまざまあります。たとえばラベンダーの香りは緊張をほぐす効果が高く、逆にペパーミントの香りは眠気をさまし、頭をすっきりとさせ集中力を高める効果があるといわれています。コーヒーの好きな人はコーヒーのにおいをかぐだけでもホッとしますよね。いろんな香りがあり調べてみるとその情報量の多さにビックリするかもしれませんが、自分の好きな香りを上手に取り入れることが心身ともによい影響をもたらします。身体のコンディションを整える一つのアイテムとして香りを上手に活用してみましょう。ただしにおいはキツすぎると他人にとっては不快感をもたらすこともありますので、周囲への配慮は忘れないようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

コメントを投稿する

前の記事:
秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選組み合わせ表
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る