コンタクトレンズを使っている球児は必見!目のトラブルには気をつけて!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.03.10

コンタクトレンズを正しく扱おう!

コンタクトレンズは使用期限を守る、レンズケアは丁寧に行うことを忘れずに

 野球選手にとってボールをしっかりと見る、とらえるために視力矯正を行っている選手もいると思います。特にコンタクトレンズなどを使用している選手にとっては、風が強く吹いたり、これから花粉が飛散しやすい時期ともなると、適切な使い方と管理が必要となってきます。

 一般的には期間を決められた使い捨てタイプのソフトレンズを使用している選手が多いのではないでしょうか。野球は屋外でプレーするため、グランドの土埃が目に入りやすく、ハードレンズでは異物が入るたびに痛みを伴うため、スポーツをする上では不便なことが多いようです。使い捨てタイプのメリットとしては、異物が入ったときにハードレンズほど痛みを伴わないため、比較的使いやすいこと、また使用前後のケアに関しても比較的簡単に扱えることが挙げられます。一方で決められた期限を過ぎても使用してしまうと目のトラブルを引き起こす原因ともなります。基本的なことですが、決められた使用期限を守って使うようにしましょう。

 また使用期限以内であっても、長時間連続してコンタクトレンズを装着していると、目の充血、痛み、異物感、目が渇く、涙が止まらないといった症状がみられることがあります。これはコンタクトレンズを長時間つけることによって、目の角膜に十分に酸素が行き渡らない状態となり、角膜の細胞にさまざまな影響を及ぼすためと考えられます。また不適切なレンズケアによってコンタクトレンズそのものにキズや汚れが付着し、角膜にキズをつけてしまったり、目の炎症を引き起こしたりすることもあります。

 コンタクトレンズは視力の悪い選手にとっては必要不可欠なものですが、使い方や適切なケアを怠ると目を痛めてしまい、プレーに支障を及ぼすことも考えられます。長時間の装着をする場合は酸素透過性の高いレンズを選ぶ、レンズを触るときはキチンと手を洗って清潔な状態を保つ、決められた使用法を守るといった基本的なことを守り、コンタクトレンズによる目のトラブルを未然に防ぐようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
【セルフコンディショニングのススメ 】アスリートと視力補正 【ニュース - コラム】
第130回 アスリートと視力補正【セルフコンディショニングのススメ】

コメントを投稿する

前の記事:
履正社、明日準々決勝!『打倒PL』を掲げて実現した『克服法を見い出す』指導とは?
次の記事:
徳島科学技術らが3回戦進出!【春季徳島県大会・28日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る