元球児!スポーツ栄養スペシャリスト・久保翔平のおすすめ「サプリメント」

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.07.21

久保翔平さん

 久保 翔平さんは広島県出身の25歳。現在は自身で起こした、カラダツクル株式会社の代表取締役・サプリメント栄養士・スポーツ栄養スペシャリストとして、日々活動している。

 学生時代は名門野球部を渡り歩いてきた。高知の明徳義塾中時代は、4度全国大会に出場し、日本一も経験している。
高校では「関東に出て、突出したい」という気持ちから、埼玉の浦和学院に進学。夏の甲子園に出場したチームにあって、1年生ながらメンバー入りを果たす。甲子園出場はその1回だけだったが、強豪校で下級生時から試合に出続け、投手陣や森 士監督からも「任せられる捕手」として信頼が厚かった。
高校卒業後は東洋大に進学し、東都大学野球リーグ二部にいる頃の苦しい時代を選手として過ごした。久保さんの1学年下には現在、東京ヤクルトスワローズで活躍している原 樹理投手がおり、バッテリーを組んでいた久保さんは原投手と接する時間が長かった。原投手の代名詞である「ライジングシュート」は、久保さん直伝のものだそうだ。


東洋大時代(左)浦和学院時代(右)

 明徳義塾中-浦和学院高-東洋大と、野球のエリート街道を走った久保さんだが、大学卒業とともに現役から退いた。原因は自身の怪我だった。
高校時代にヒジを手術し、大学でも靭帯を痛めてしまう。「試合に出続ける中で自分の思ったようなプレーができず、心が折れてしまった」と久保さんは話す。
そんなとき「日本の野球レベルは高い。トレーナーも素晴らしい。でも欠けているところは栄養。自分が何かを伝えて、僕みたいな選手を作らないようにしたい」という気持ちが芽生えた。「良い畑、良い苗もあるけれど、水がない。体に入れるものが無ければ育っていかない」という考えから、若い世代に向けて栄養学を伝えたいと思うようになった。

 大学卒業後は不動産会社に就職した。そこで営業トップの成績を残し、1年半で退社。そこから1年半をかけ、休みなしで経営と栄養学の勉強に取り組んだ。現在は「食事で補えない分の栄養を摂れるサプリメントを作り、ご家庭でも出せるような金額で提供したい」との想いから、カラダツクル株式会社を起こし、サプリメントを開発・販売。その傍ら、プロ選手はもちろん、小中高生を中心に栄養学を伝えている。



球児におススメのプロテイン・サプリメント

 高校球児に向けては
・体作り【ホエイプロテイン】
・試合中【ビタミン・ミネラル】
・食事では足りない部分【野菜】
をおススメしている。

「僕もそうでしたけど『まだ野球ができるのに』と言われてやめていく選手のさみしさを痛感している。できるだけ野球を長く続けてほしい。『やり切った』と言って野球を終えてほしい」という気持ちを胸に、久保さんはこれからも活動を続ける。

久保さんが経営するカラダツクル株式会社のHPはこちら!


【関連記事】
元強豪校球児が説く栄養講座!第7回は体内環境をつかさどる胃腸の重要性に迫る! 【ニュース - コラム】
第7回 体内環境をつかさどる胃腸の重要性とは?!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
公立王国から花咲徳栄、浦和学院が引っ張る埼玉県の勢力図 【ニュース - コラム】
第57回 花咲徳栄の全国制覇で浦和学院が追う立場になり、それに数校の強豪校が続く【埼玉・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第6回 糖質の重要性を考えよう!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
センバツ未出場も、夏の甲子園に近い注目10校をピックアップ!【100回記念大会特集】
第5回 骨の形成に大切なビタミンDについて知ろう!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
市立川越vs浦和学院【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs春日部東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs大宮東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs大宮西【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県地区予選】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第545回 佐野涼弥(浦和学院)「関東大会優勝を呼び込んだ必殺の縦スライダー」 【2017年インタビュー】
第283回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身) 【後編】「最後まで仲間を支えるのが浦和学院野球部」 【2015年インタビュー】
第282回 立教大学 山根 佑太選手×髙田 涼太選手(浦和学院出身)【前編】「浦和学院は個人の結果に一喜一憂しない」 【2015年インタビュー】
第205回 【侍ジャパン18U代表】浦和学院高等学校 小島 和哉選手 【2014年インタビュー】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
原 樹理(東洋大姫路) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【春季東北大会】決勝は青森勢対決に!準決勝2試合レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る