26年ぶりの決勝戦順延。両校主将が決勝戦への抱負を語る

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2012.04.03

【いよいよ大会も大詰めへ】

3日に予定されていた第84回選抜高校野球決勝(大阪桐蔭対光星学院)は、天候不良のため、4日に順延された。開始時間は元に戻り、12時30分の予定。
決勝戦の順延は、1986年の第58回大会以来26年ぶり、また大会が3日以上延びたのは98年の第70回大会以来14年ぶりとなった。
大会本部は天気予報を考慮し、前日に16時開始と発表していたが、この日は午前中からの雨に加え、甲子園球場のある西宮市に暴風警報が発令されたため、10時45分に中止順延することを決定。
午後には、風速10メートルを超える暴風雨で、グランドに張られていたシートがめくりあがり、さらには、スコアボード上の大会旗が破損するなど、関係者は対応に追われた。

日本高校野球連盟の竹中雅彦参事は、「春にこれほどの暴風雨は記憶にない。球場には入念なグランド整備をお願いしたので、選手には万全の状態で戦ってほしい」とコメントした。決勝を戦うはずだった両校の選手たちは13時半から1時間半にわたって、甲子園球場内の室内練習場で汗を流した。

大阪桐蔭
エースの藤浪 晋太郎(3年)はブルペンで25球ほどの投球練習。その後は打者陣がバッティングやティー打撃などで調整をおこなった。

光星学院
短距離ダッシュや股割りなどで体をほぐしたあと、バッティング練習。大阪桐蔭の藤浪投手を想定し、バッターボックスを5メートルほど前に出した。仲井宗基監督は、「低めの球を見極めろ」と選手に指示を出し、打ち込みを行った。

【主将コメント】
大阪桐蔭水本 弦主将
中止でも、いつもと気持ちは変わらない。ここまでは自分の打撃が出来てないので、(明日は)自分が打ってチームの勢いをつけたい。

光星学院田村 龍弘主将
やりたかったので残念だが、投手陣にとっては良い休養になった。これで金沢(湧紀=3年)だけでなく、城間(竜兵=3年)も投げられるので、継投になると思います。
(藤浪投手も休めたが)万全の状態でくる藤浪くんと戦いたい。ここまできたら気持ちです。


ここまでの気になる大会試合の詳細は下記のドットコム試合レポートをご覧下さい。

■ 第84回センバツ高等学校野球大会NEW!!
選抜大会特集ページ


【高校野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook
高校野球ドットコム携帯版こちらから

【関連記事】
大会12日目 「『選手を信頼する』西谷采配で大阪桐蔭がセンバツ初優勝」  【ニュース - 高校野球関連】
高校日本代表チームの第1次候補選手28名を決定 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

次の記事:
コアな野球を語りたい人集まれ!【BASEBALL FAN(ベースボールファン)】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る