提言!「ミットを動かすな」運動の意味を全員で考えてみよう

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.03.08

 今シーズンの野球規則改正や提言などについては度々このニュースで取り上げてきましたが、1月12日に全日本野球協会のアマチュア野球規則委員会から、日本野球連盟(社会人野球)、日本学生野球協会、全日本大学野球連盟、日本高等学校野球連盟、全日本軟式野球連盟の5団体に宛てて、ベンチ前キャッチボールの禁止および“ミットを動かすな”運動の展開についての提言が発信されています。今回はこの中から、“ミットを動かすな”運動の展開について考えてみます。

 アマチュア野球規則委員会からの提言にはこう書かれています。


 まず、今回こういう文が発信された意味を考えてみてください。2009年に一度通達が出されたものをもう一度発する。かなり重いものだと思います。これは社会人、大学、高校、軟式全てに発信されたものですので、全てが高校野球に当てはまらないのかもしれませんが、改めて指導者と捕手にはじっくりと考えてほしい問題です。

 練習試合が解禁されると、公式戦でジャッジをする審判の方を呼ぶこともあるでしょう。そういった機会に、積極的に意見を求めることも一つの手段です。

 マナーアップ・フェアプレイの両面をよく考え、“ミットを動かすな運動”を全ての野球関係者が実践できるようにしていきましょう。

関連記事
● 野球規則どこが改正されたの?
● 審判規則委員会が通達した今年の重点指導事項はこれ!
● 高校野球の二段モーションはこれまで通り反則投球になる!
● 野球は勝つことを目的とするスポーツ!公認野球規則1.05と勝利至上主義の関係とは?
● タイブレーク、現場の意外な声とは?

参考
● アマチュア野球内規 2018
● 高校野球特別規則 2018

(文:松倉 雄太)

【関連記事】
延長タイブレーク、記録員でベンチ入りしている人はどう書けば良いか! 【ニュース - 高校野球関連】
延長タイブレーク、大事なのは監督が楽しむメンタルを持つこと 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

次の記事:
第100回西愛知大会の組み合わせ決定!東邦、中京大中京の初戦の相手は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る