明徳義塾・3年連続18回目のセンバツで初優勝を期す!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.01.27

第90回選抜高校野球大会 明徳義塾高校出場決定!

 1月26日15時過ぎ。大阪ではセンバツ出場校発表が進む中、高知県須崎市の明徳野球道場では、昨秋の明治神宮大会覇者・明徳義塾野球部が公式戦用ユニフォームを着用して、いつも通りの練習を繰り広げていた。

 ランナー付きフリーバッティングでは高校通算23本塁打の主砲・谷合 悠斗がレフトフェンス向こうの草むらに豪快なアーチを放てば、負けじと渡部 颯太もライトポール際へ一発。最速145キロ右サイドのエース・市川 悠太はポール間走を繰り返し、ネット裏では島谷 金二コーチが熱血打撃指導。まるで寸暇を惜しむように、彼らは「全国制覇への通過点」(谷合)センバツ発表の瞬間を迎えようとしていた。

 「切り上げて、グラウンド整備せい!」15時半過ぎ、そんな彼らを報道陣と会話を交わしながら見つめていた馬淵 史郎監督から号令がかかる。これが明徳義塾・3年連続18回目となるセンバツ出場決定の合図だった。そして約15分後、整列した馬淵監督と選手たちの前に校長室で出場決定の報告を受けた吉田 圭一校長が立ち、出場決定の報告。そして吉田校長はこう言った。

 「紫紺の優勝旗が宇佐大橋を超えることを期待しております。おめでとう」
 選手たちも、もとよりそのことは理解している。報道陣に求められて出す喜びは控え目。そして市川は「強い気持ちを見せたい」とエースの矜持を示し、主将の庄野 太喜は「優勝旗を持ち帰りたい」と、明確に2大会連続全国制覇の意思を示した。

 そしてこの名将も。ひとしきり報道陣対応が終わった後、選手たちを集めた馬淵監督はこう言った。「優勝しか狙わない」。神妙な顔で聴き入る選手たち。こうして明徳義塾の2018年1月26日は3年連続18回目のセンバツでの初優勝を期す誓いの一日となった。

 なお、1月30日から2月7日まで鹿児島県・奄美大島での修学旅行を兼ねた強化合宿を控えた明徳義塾は、1月27日は休日。28日から残り2カ月を切ったセンバツへの再疾走に入る。

 (文=寺下 友徳

【戦歴・選手名鑑】  明徳義塾

【関連記事】
第15回 タイブレーク導入の是非と智弁和歌山・高嶋仁監督への想いを語る【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第90回センバツ逸材野手【西日本編】ガイドブック公開! 【ニュース - コラム】
第624回 第90回センバツ逸材野手【西日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第90回センバツ逸材投手【西日本編】ガイドブック公開! 【ニュース - コラム】
第622回 第90回センバツ逸材投手【西日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第620回 第90回センバツ出場校が決まる!注目が集まった各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
第635回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)手探りの先に見えた「市川スタイル」【中編】 【2017年インタビュー】
第637回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)マウンドに上がれなかったセンバツを糧に【前編】 【2018年インタビュー】
第1回 第100回記念大会の概要は?2018年注目チームの戦力紹介!【100回記念大会特集】
第623回 西浦 颯大(明徳義塾ーオリックス) 「原点に返り「00」から始めるプロ野球選手の道」 【2017年インタビュー】
第619回 市川悠太(明徳義塾)「全10試合完投!鉄腕ロード 第1章が完結!」 【2017年インタビュー】
明徳義塾vs創成館【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs静岡【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs中央学院【2017年 第48回明治神宮野球大会】
明徳義塾vs英明【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2017年秋の大会 第70回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【茨城県秋季大会】太田一、土浦三が1点差の試合を制する!9月13日の結果
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る