明秀学園日立が初の選抜甲子園!自慢の強力打線で勝負!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.01.26

明秀日立が初の選抜甲子園!自慢の強力打線で勝負!

 1月26日、第90回選抜高校野球大会の出場36校を決める選考委員会が開かれ、茨城県の明秀学園日立高校が出場することが発表された。

 県大会準決勝ではライバル・常総学院を5対4で下し、関東大会では4試合で27得点の猛打で決勝まで勝ち進んだ。

 注目は1番ショートの増田 陸。関東大会でも2本塁打を放った強打に加え、守備範囲の広い遊撃守備も注目。またセカンドの芳賀 大成も逆方向にも強い打球を打てる強打者だ。エースの細川 拓哉は、DeNAの細川 成也の弟。試合終盤まで130キロ後半を維持するスタミナが魅力だ。

【戦歴・選手名鑑】  明秀学園日立

【関連記事】
第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック公開! 【ニュース - コラム】
第623回 第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
明秀日立が逆転で山梨学院を下し、準々決勝進出! 【ニュース - 高校野球関連】
第146回 ベースボールライター・小関 順二のスカウティングレポート 春季関東大会編【大会展望・総括コラム】
第2回 茨城の戦力分布 ~新チームを読み解く~【茨城県の大会展望・総括コラム】
明秀学園日立 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【インタビュー】東京ヤクルトスワローズ 大引 啓次選手の守備の基礎となった高校時代【vol.4】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る