花巻東が6年ぶりの選抜!目指すは09年以来の快進撃

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.01.26

第90回選抜高校野球大会 花巻東高校出場決定!

 1月26日、第90回選抜高校野球大会の出場36校を決める選考委員会が開かれ、岩手の花巻東が出場することが発表された。
 花巻東は、秋の岩手県大会では接戦を勝ち抜き、東北大会への出場切符を手にした。東北大会では角館日大山形と甲子園出場経験がある強豪を破り、決勝進出。6年ぶりの選抜出場を当確させた。
 注目は182センチ右腕の西舘 勇陽。1年生ながら最速140キロ。この選抜までどこまで逞しくなった姿を見せてくれるだろうか。また東北大会決勝に導いた田中 大樹選手と、紺野 留斗選手の2人も鍵を握る存在。田中は、投手でありながら準決勝の舞台で2点タイムリーを放つなど決勝進出に貢献。そして、紺野 留斗は同じ試合で決勝アーチを放っている。
 出場は2012年以来6年ぶり。当時は今年からロサンゼルス・エンゼルスでプレーする大谷 翔平が投打の軸となって優勝を目指したが初戦敗退を喫した。甲子園で見せる姿は2009年、決勝まで勝ち進んだ快進撃である。

【戦歴・選手名鑑】 花巻東

【関連記事】
花巻東と盛岡大附が引っ張る、岩手県の勢力図とは!? 【ニュース - コラム】
第50回 花巻東と盛岡大附が引っ張り、一関学院、専大北上らが追いかける【岩手・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック公開! 【ニュース - コラム】
第623回 第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第621回 第90回センバツ逸材投手【東日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第620回 第90回センバツ出場校が決まる!注目が集まった各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
第1回 エンゼルス入団の大谷翔平、輝かしいキャリアを振り返る【一流選手の軌跡】
聖光学院vs花巻東【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
花巻東vs日大山形【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
角館vs花巻東【2016年秋の大会 第69回(平成28年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
花巻東vs聖光学院【2016年春の大会 第63回(平成28年度春季)東北地区高等学校野球大会】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
第329回 埼玉西武ライオンズ 菊池 雄星投手 「剛腕左腕復活の1年」 【2015年インタビュー】
仙台育英vs花巻東【第97回全国高等学校野球選手権大会】
第254回 花巻東時代の女房役・佐々木 隆貴選手が語る「アイツのこと」【後編】 【2015年インタビュー】
花巻東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【東京】東南アジア親善高校野球試合の解散式が開催される
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る