【沖縄】オフシーズンの祭典!第46回沖縄県高校野球部対抗競技会が開催!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.01.11

オフシーズンの祭典!野球部による陸上競技大会が開催された!

第45回沖縄県高校野球部対抗競技会が開催!

 1月6日の土曜日、恒例となった第46回沖縄県高校野球部対抗競技会が沖縄県総合運動公園陸上競技場をメインに行われた。

 全国に先駆けて行われてきた野球部だけによる、各校の対抗戦はグラウンドで交わす火花とはまた一味違う魅力にあふれる。グラウンドでは、打ち損じやエラーといったマイナス要素が、選手たちの明暗を分けることも多いが、競技会では自分たちの培ってきたパワーや技術、瞬発力や持久力といった"身体能力"を、ほぼプラス思考のみで思う存分発揮させることが出来る。

 それが、選手たちの真剣な表情や多くの笑顔を生む。または、一番最後尾で帰ってくる選手に対し、他校の選手たちから「最後まで頑張れ!」というエールと拍手が生まれる。勝敗だけではない、高校野球の本質を持つのがこの競技会なのだ。

 種目は100m走、1500m走、立ち三段跳び、遠投、塁間継投、塁間走、打撃、そして1800mリレーの8つ。それを種目別に9名ずつ(種目別に違う選手でOK)がエントリーし、タイムや距離を競う。野球部らしく、9名ずつという対決にしたことは本当に英断だと思わざるを得ない。

 ファイナルを飾る1800mリレー(200m×9人)では、読谷高校野球部が一位。中部商高校が二位、コザ高校が三位に入った。全記録が出揃うまでには日にちが必要だが、この上位校が春の大会と最後の夏でも勝ち残る可能性は高い。5日と7日が雨で、この日は曇り模様ながら開催されたのを見ると、今年も沖縄県の高校野球は祝福される!そう思った1日であった。

(文=當山 雅通

【関連記事】
本日第100回沖縄大会の組み合わせ抽選!春・秋のベスト8を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
興南や沖縄沖縄尚学など強豪校が多数存在する沖縄の勢力図に迫る! 【ニュース - コラム】
第82回 全国制覇経験のある興南と沖縄尚学の完全2強、中部商や美里工も台頭【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
九州学院vsコザ【2018年 練習試合(交流試合)・春】
コザvs沖縄尚学【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
コザvs美来工科【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
中部商vs真和志【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
読谷vs昭和薬大附【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第1回 グラブの刺繍に込めた青春コトダマ【浦添商・中部商編】【球児の青春コトダマ】
第442回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「まずはストレートを100パーセント打てる選手になろう」【後編】 【2016年インタビュー】
第441回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「高い探究心で辿り着いたスラッガーの道」【前編】 【2016年インタビュー】
第125回 富士大学 多和田真三郎 投手 (中部商出身) 【2013年インタビュー】
コザ 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
読谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
嘉手納、沖縄尚学らが3回戦へ!【春季沖縄県大会・26日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る