下関国際とおかやま山陽が決勝で激突!【秋季中国大会・4日結果】

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.11.04

吉村英也(下関国際)

【秋季中国大会】
下関国際とおかやま山陽が決勝で激突!

 11月4日、秋季中国地区大会では、準決勝2試合が行われた。

 下関国際vs尾道の対戦は、下関国際が7対0で完封勝利。おかやま山陽vs瀬戸内の対戦では、おかやま山陽が7対4で瀬戸内を下し、決勝進出を決めた。決勝戦の下関国際vsおかやま山陽の対戦は5日10時より広島県立びんご運動公園野球場(しまなみ球場)にて行われる。

【秋季中国大会】
トーナメント表
組み合わせ・応援メッセージ

◇4日の試合結果

秋季中国地区大会
準決勝 下関国際   7  -  0   尾道 広島県立びんご運動公園野球場(しまなみ球場) レポート 応援メッセージ (1)
おかやま山陽   7  -  4   瀬戸内 広島県立びんご運動公園野球場(しまなみ球場) レポート 応援メッセージ (5)
【関連記事】
近年の甲子園出場はフレッシュな私学校が相次いでいる山口県の勢力図に迫る! 【ニュース - コラム】
第81回 決勝進出校が、都合8度という山口県のしぶとさ【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
広島新庄が春夏通じて初V!決勝戦を徹底レポート!【春季中国大会】 【ニュース - 高校野球関連】
広島新庄vs下関国際【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
下関国際vs宇部鴻城【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
下関国際vs八頭【2018年春の大会 第130回 春季中国地区高等学校野球大会】
第662回 王者・広島新庄が優勝 広陵、瀬戸内がノーシードに回り、夏は混とんしたものに【大会展望・総括コラム】
第656回 倉敷商が制した春季岡山大会を総括!【大会展望・総括コラム】
市立呉vs瀬戸内【広島県 2018年春の大会 春季広島県大会】
乙訓vsおかやま山陽【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第646回 オリックス・バファローズ 山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【後編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第641回 オリックス・バファローズ・山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【前編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
おかやま山陽 【高校別データ】
尾道 【高校別データ】
尾道商 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
瀬戸内 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
元メジャーリーガー・斎藤隆が考える球持ちの定義!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る