松井 秀喜氏、恒例の野球教室をNYで開催!子供たちへのメッセージも!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.10.13

松井 秀喜氏、恒例の野球教室をNYで開催!子供たちへのメッセージも!

 9月30日、もう恒例となった松井 秀喜氏の野球教室がニューヨークで催された。記念すべき通算10回目のクリニックは、当初はヤンキースタジアムでの挙行が予定された。しかし、当日のヤンキースの試合時間が早まったため、旧ヤンキースタジアム(ヘリテイジ・フィールド)での開催に変更。「Matsui 55 Baseball Foundation」とヤンキースとの共催という形で、ヤンキースの地元ブロンクスのリトルリーガー33人の子供たちが参加して行われた。

 43歳となった松井だが、現役時代とそれほど変わらない身体で精力的にフィールドを歩き回った。まずはフィールディングのドリルを行うと、その後にメインの打撃指導に移行。そこでは“確実に当てる”“強く打つ”という2つのポイントを強調し、11〜13歳の子供たちに自らの持論を説いていった。

「自分から打ちにいってはいけない。強く打とうとして前に出てはいけない。ボールを長く見れば確実性が上がる。体重を後ろに残し、ボールにぶつける」

 そんなメッセージを少年たちに伝えると、自らフリーバッティングの打撃投手を務めた。軽く外野の頭を越す打球を放つものがいれば、バットに当てるのがやっとの子供まで、参加した少年たちの実力はまちまち。松井は1球ずつを丁寧に投げ、ときに短いアドバイスを授けた。

 フリーバッティングが終わると、自らバットを握った松井が打撃のデモンストレーションを披露。子供たち、集まったメディア、通りすがりの見物人まで、多くの人々が見守る中、松井は6スイングのうちの3本をライトのフェンス越しに運んで見せた。貫禄を感じさせるパフォーマンスを誇示し、松井も思わず嬉しそうな笑顔を見せていた。

「素晴らしい思い出になっただけでなく、松井のスムーズなスイングを見れたことは子供たちにとって大きかったはずです。私は“打球を遠くに飛ばすためにパワーは必要はないよ。大事なのは適切なメカニックとタイミングなんだ”と言い聞かせてきました。松井が力の抜けたスイングでライトフェンスを軽々と越したのをみて、それが理解できたんじゃないでしょうか。依然としてあれだけ遠くに飛ばせるのは、しっかりとしたフォームで打っているからです」

 参加したリトルリーグチームの代表を務めるガブリエル・バルカセル氏はそう語り、満面の笑みだった。松井がヤンキースの一員としてワールドシリーズでMVPを獲得したのは8年前のこと。参加した少年たちは当時3〜5歳だったわけで、現役時代の勇姿は知らないだろう。それでもデモンストレーション時のスイングを見れば、元名選手の力は見て取れたはず。長年の練習の蓄積ゆえに依然として崩れのない松井のスイングは、少年たちの心に焼き付いただろうか。

 最後のQ&Aセッション、サイン会、記念撮影会まで含め、出席した子供たちが常に楽しそうだったのも印象的だった。元メジャーリーガーとのつかの間の交流。未来のスーパースターを目指す少年たちにとって、新たなモチベーションとなったのは間違いないだろう。

【次のページ】 クリニック終了後、松井氏との一問一答


【関連記事】
伝説から25年!春のセンバツで度肝を抜かれたゴジラ・松井秀喜の本塁打をプレイバック! 【ニュース - コラム】
第16回 伝説から25年!春のセンバツで度肝を抜かれたゴジラ・松井秀喜の本塁打をプレイバック!【センバツ2017】
いよいよ日本人メジャーリーガーも今週から始動!!イチローの3000安打など名選手たちの足跡を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第84回 出動!球児に聞き隊!【高校生100人に聞いた!好きなプロ野球選手(外野手編)】【野球総合研究所】
第27回 イチローから学べる「自分の役割」を見出し術【先輩から学べ】
第64回 T-岡田に続け!履正社スラッガー・安田尚憲に熱視線!【夏の大会特集2016】
第5回 星稜、金沢、遊学館の三すくみ状態が今後も続きレベルアップも期待される(石川県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
松井 秀喜(星稜) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
第85回センバツ高校野球 いよいよ甲子園練習始まる!本日の練習校
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る