丸山和郁(前橋育英)「日本の韋駄天、勝負の一手を決める」

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.09.05

丸山和郁(前橋育英)

■高校野球ドットコム 独占インタビューNEW!!
丸山和郁(前橋育英)「日本の韋駄天、勝負の一手を決める」

 9月4日、第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ4日目。日本はオランダと対戦。試合は5回終わって、0対1と1点ビハインドの試合展開。そこで足を絡め逆転に成功。逆転のきっかけを作ったのは、8番の丸山 和郁前橋育英)である。安打で出塁した丸山は鮮やかな二盗を決め、同点のホームを踏み、そして8回表には3点目のホームを踏み、足で勝利に貢献した。甲子園では大会タイ記録となる1大会8盗塁。今年の高校生を代表する韋駄天だが、自分が身に付けた盗塁の感覚はオリジナリティ溢れるものだった。

(記事を読む)

【関連記事】
明徳義塾(高知)編「夏8年連続甲子園出場を続ける明徳義塾のつながり!」 【ニュース - コラム】
夏王者の前橋育英が準々決勝で姿を消す!群馬県大会24日までの結果 【ニュース - 高校野球関連】
第103回 試行錯誤を続ける西のスラッガー・安田尚憲(履正社)、プロでは大爆発を【ドラフト特集】
第10回 世界の高校球児にインタビュー!台湾編「来年のアジア選手権でもマークしたい郭天信選手」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第13回 U18を終えて 安田尚憲(履正社)「世界大会は自分を見つめ直し、成長させてくれた場所」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第103回 田浦文丸(秀岳館)のピッチングは高いステージで活躍する左投手のお手本だ【ドラフト特集】
第102回 清宮幸太郎が歴史に残るスラッガーになるにはしっかりとした準備期間が必要だ【ドラフト特集】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
第575回 櫻井周斗(日大三)「強打の二刀流が誓った2つの決意」 【2017年インタビュー】
城西国際大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
日本大学vs侍ジャパンU-18代表【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs千葉工大【第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ】
前橋育英vs花咲徳栄【第99回全国高等学校野球選手権大会】
前橋育英vs明徳義塾【第99回全国高等学校野球選手権大会】
丸山 和郁(前橋育英) 【選手名鑑】
前橋育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【春季関東大会】埼玉対決を制した浦和学院、春の関東王者に!決勝戦結果
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る