不来方(岩手)が10人で選抜に臨むことが確定!過去に少人数で選抜に臨んだチームたち

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.02.17

不来方ナイン

不来方(岩手)が10人で選抜に臨むことが確定!過去に少人数で選抜に臨んだチームたち

 21世紀枠で選抜出場の不来方(岩手)が部員10人で、センバツに臨むこととなった。出場登録期限となる2月15日まで入部希望者が現れなかったためだ。

 これまで過去に少人数で選抜大会に参加した主な学校はどんなチームが出場をしているのか?
池田(池田)1974年 部員11人
中村(高知)1977年 部員12人
大成(和歌山)1987年 部員10人
川島(徳島)2010年 部員18人
などがある。その中でも池田はエースの山本智久投手の好投で、多くの強豪校を破り、選抜準優勝。その戦いぶりに人々は池田の選手たちのことを「さわやかイレブン」と呼んだ。そして中村は身長190センチの大エース・山沖之彦投手が投打でチームをけん引し、選抜準優勝を果たしている。
 その後、山沖投手は専修大に進み、阪急・オリックスで通算13年プレーし、112勝を挙げる大投手へ成長した。

 これまでの例を見ても、少人数ながら健闘を見せてきたチームは人々に大きな記憶を残している。不来方や、そして今回も選手16人と少人数で40年ぶり出場を決めている中村も躍進に期待したい。

【関連記事】
【選抜出場校】札幌第一、仙台育英、盛岡大附、不来方のチーム紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第450回 第89回センバツ出場校が決まる!注目が集まった関東・東京、近畿など各地区の選考を振り返る! 【大会展望・総括コラム】
10人の不来方が選抜初出場!絆の強さで選抜初勝利に挑む! 【ニュース - 高校野球関連】
第18回 県立不来方高等学校(岩手)【冬が僕らを強くする2017】
八戸学院光星vs不来方【2016年秋の大会 第69回(平成28年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第429回 9月24・25日は準決勝のピーク!激戦カード一挙紹介!!【大会展望・総括コラム】
不来方vs大槌【岩手県 2012年夏の大会 第94回選手権岩手大会】
不来方 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【野球部訪問】第312回 敦賀気比高等学校(福井)【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る