センバツ抽選会まで残り1ヶ月!大会注目プレーヤーの記事をおさらい!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.02.10

選抜への意気込みを紹介!

清宮・安田・福元らの選抜への意気込みを紹介!彼らの目標は?

 第89回選抜高等学校野球大会の出場32校が1月27日に決定。3月10日の組み合わせ抽選会まで残りあと32日に迫った。これまでに配信した注目選手のインタビュー記事を読んで、選抜に備えよう!

一番の注目はやっぱりこの2人!

 高校野球界で大きな注目を集めている高校通算78本塁打のスラッガー・清宮 幸太郎早稲田実業)。1年生の頃から騒がれていた清宮も、今年がラストシーズンとなる。どんな1年にしたいかという問いに対して、「自分の結果どうこうより、勝ちたい。自分の結果も大事ですけど僕は主将ですから。勝ちを意識して、みんなを引っ張っていけるようにしていきたいと思います。」と語っていた清宮。チームに勝利をもたらしてくれることに期待したい。

 東日本を代表するスラッガーが清宮なら、西を代表するスラッガーは安田 尚憲履正社)だ。高校通算45本塁打を放ち、神宮大会では清宮を相手にチームを優勝に導いた。野球を始めるきっかけとなった安田の兄である亮太さんは、PL学園で1学年下の前田 健太投手(MLBロサンゼルス・ドジャース)とバッテリーを組んでいた。選抜に向け、「準優勝に終わった3年前の借りを返すために履正社野球を実現させて、優勝していきたいと思います。春だけではなく、夏も甲子園出場、そして全国制覇を目指していきます。」と、以前のインタビューで意気込みを語っている。

清宮・安田だけじゃない!

 清宮・安田以外にも、今年の選抜では強打者が揃う。その内の一人が福元 悠真選手(智辯学園)だ。昨年の選抜では主力打者として本塁打を放つなど優勝に貢献している。そんな福元だが、選抜出場が決まったことについて、「チームとしては連覇と言われるんですけど、まずはベスト8以上を目指してやっていきたいです。個人としてはジャパンの一次候補に選ばれるぐらいになりたいです」という目標を掲げている。

 また、福元と並び智辯学園の中心選手として活躍をみせるのが、3番・太田 英毅だ。2年連続の選抜に向け、「次はチームとしてはベスト8以上を狙って、個人的にはホームラン打ちたいと思います。ライナーでバックスクリーンに打ちたいです」と意気込みを語っている。

今年の強打者たちを抑えるのは?!

「投手としてはチームに勢いを、打者としてはチャンスを作り、還せる選手になりたい」
そう意気込みを語るのは、投打で活躍を見せている根尾 昂大阪桐蔭)だ。打者として、そして投手としても清宮や安田ら強打者たちを抑えることができるだろうか。その活躍に期待したい。

 今大会で注目したい選手はまだまだたくさんいるが、今回は2017年のインタビュー記事から選手たちの選抜への意気込みを紹介した。3月10日の抽選会に向け、まだまだたくさん紹介していくので、お楽しみに!

第89回選抜高校野球 特設ページ

【関連記事】
作新学院vs早稲田実業【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
組み合わせ決定!大阪桐蔭、初戦は智辯和歌山と対戦!【春季近畿大会】 【ニュース - 高校野球関連】
早実・清宮、高校通算95本塁打も準々決勝敗退 作新学院らがベスト4へ【春季関東大会・22日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
早稲田実業vs花咲徳栄【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第484回 本日開幕!関東を盛り上げるミレニアム世代を先取り!【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第483回 清宮幸太郎、高校通算93号までの軌跡!【大会展望・総括コラム】
第482回 今年も各県から名門が集結!この大会でスターになるのは誰か?【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第88回 秀岳館投手陣が清宮勝負を決断した理由。そして対決して得たものとは?【ドラフト特集】
秀岳館vs早稲田実業【2017年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs大体大浪商【大阪府 2017年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
早稲田実業vs八代【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第5回 大藤 敏行・侍ジャパンU-18ヘッドコーチ 「高校野球に触れる君たちへ」第2回【名将たちの言葉】
第530回 野村大樹の進化が止まらない! 【2017年インタビュー】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
第493回 大阪桐蔭高等学校 根尾 昂選手「投手としてはチームに勢いを、打者としてはチャンスを作り、還せる選手になりたい」 【2017年インタビュー】
太田 英毅(智辯学園) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
福元 悠真(智辯学園) 【選手名鑑】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
東海大相模・森下のサヨナラ打で作新学院を下し、決勝進出!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る