ドラフト上位候補・増田珠(横浜)のミート力の高さを示す打撃成績とは?

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.01.01

増田珠(横浜)

ドラフト上位候補・増田珠(横浜)が誇るべき打撃記録は??

 今年のドラフト候補として注目される増田 珠横浜)。走攻守三拍子揃った大型外野手として注目される。1年夏からレギュラーを獲得し、高い打撃力を発揮。2年春は故障で戦線離脱したが、夏前に復帰し、打率.440、3本塁打、8打点と高い打撃成績を残し、そんな増田は新チームでも3番を打ってチームを引っ張り、関東大会出場を決める神奈川県大会準決勝では本塁打を放ち、勝利に貢献した。そして関東大会でも活躍を見せ、評価を大きく上げた。

 増田の打撃成績の中で特筆すべき点がある。それは2年夏から2年秋までの公式戦で81打席立っているが、なんと三振を1個もしていないのだ。とにかく増田はミート力が抜群。普通の打者ならば打ち取った打者だと思ったボールも増田の場合、ファールにしてしまう。それが現れたのが浦和学院戦だ。本格派左腕・佐野 涼弥から何度も粘り、適時打を打った。

 今の時代、投手のレベルが高度化し、キレのある変化球を投げる投手が多くいる。好投手と対戦すると三振の量は増えてしまう。それでも増田はレベルが高い投手に対しても、しっかりと対応ができるのだ。選抜出場は厳しい立場となったが、いずれにしろ春季大会から注目の選手であることは間違いない。ぜひ世代をけん引する活躍を見せることを期待したい。

【関連記事】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集】
増田珠(横浜)の秘蔵写真をエピソードとともに一挙紹介! 【ニュース - コラム】
第108回 【2017年ドラフト】 注目選手メモリアルギャラリー 『増田珠(横浜)編』【ドラフト特集】
【神奈川】慶応義塾、鎌倉学園が準決勝進出!準々決勝2試合の模様を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
第12回 U18を終えて 増田珠(横浜)「諦めず、自分のスタイルを貫けば、必ず報われる 」【2017年 第28回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第7回 男子校ならではの迫力と途切れることのない驚異の応援!横浜高等学校吹奏楽部【高校野球×ブラバン特集】
第25回 横浜高等学校(神奈川)【2年連続17回目出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第403回 横浜DeNAベイスターズ 石川 雄洋選手「成功すれば大きいドラッグバントの極意を語る!」 【2016年インタビュー】
第362回 横浜高等学校 藤平 尚真投手【後編】「関東大会の敗戦を必ず糧とする」 【2016年インタビュー】
第361回 横浜高等学校 藤平 尚真投手【前編】「監督のため、先輩のため、心で投げた昨夏の神奈川大会」 【2016年インタビュー】
第206回 【侍ジャパン18U代表】横浜高等学校 浅間 大基選手 【2014年インタビュー】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
第85回センバツ高校野球 甲子園練習最終日の練習校
次の記事:
【今日のコム注】長谷川拓帆などプロ志望届を提出した3選手を紹介!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る