2017年07月19日 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

宮崎日大vs宮崎学園

2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第8シード・宮崎日大。選手層厚く、攻守に隙なし!

 第1シード・延岡学園を2対0で撃破した宮崎学園。一方、宮崎第一に粘り勝ちをおさめた第8シード・宮崎日大。ともに接戦を制した2校が、準々決勝の第1試合で激突した。

 初回、宮崎学園のエース・源と、宮崎日大の先発・背番号13の日高が、ともに三者凡退に抑える上々の立ちあがりをみせた。

 試合が動いたのは、2回裏。宮崎学園の7番・源が、自らのバットで中前適時打を放って先制。宮崎日大にとっては、打たれたくない選手に打たれてしまった。そんな嫌なムードを断ち切ったのが、4回表、宮崎日大の攻撃。
 一死から4番・清田が四球で出塁すると、5番・淵ノ上が、同点となる適時二塁打を右中間に放つ!さらに、6番・坂木が勝ち越しの中前適時打で続いた。

 初回からエンジン全開で、常時、球速130キロ後半のストレートを投げ込み、2回には球速140キロ、3回には球速141キロを出し、被安打1、奪三振3の力投を続けていた宮崎学園・源だったが、宮崎日大の淵ノ上と坂木が弾き返したのは、ともに球速139キロのストレート。力負けしなかった。

 選手層の厚い宮崎日大のスタメンに名を連ねる2人には「140キロ程度の球は、お手の物」と言わんばかりの2連打だった。同回には、8番・日髙が初球スクイズを成功させて2点をリード。ここぞとばかりに、相手にダメージを与え、畳み掛ける攻撃が成就した。

 宮崎日大は、5回裏に、相手がスクイズを試みた場面で1点を献上(ワイルドピッチで三走が生還)したが、6回表には、無安打ながら敵失とバッテリーエラーで2点を追加した。
 また、6回裏には、宮崎学園の2番・山内に右前適時打を浴びて1点を与えたが、7回表に、4番・清田の左犠飛と、5番・淵ノ上の三塁線を破る適時二塁打で2点を追加した。

 3回戦に続いて、失点直後の得点が光った宮崎日大
 点を取られても取り返す、相手に流れをキープさせない「負けない野球」を展開。試合巧者ぶりを発揮した。

 宮崎日大は、先発の日高が6回途中まで粘投すると、2番手で登板したエース・木幡が無失点で継いだ。後を任された伊藤も9回まで無失点。7回無死一、二塁のピンチからマウンドに立ったが、相手の強攻策にも助けられて、3打者との勝負を制した。結局、一度も三塁を踏ませない好投だった。

 安定した3投手が守備のリズムを生み、宮崎学園の3失策に対して、宮崎日大は無失策。大事な夏の一勝を掴みとる、大きな要因となった。

 第8シード・宮崎日大は「第5シード・鵬翔vs聖心ウルスラ」の勝者と準決勝で激突する。どちらが相手でも、ベストを尽くしてゲームセットの瞬間に「勝者」となるだけだ。

 宮崎日大は、母校の監督就任3年目で、高校野球の指導者として3年生となる榊原 聡一郎監督が、同じく、同校OBである谷山 修一部長の強力なサポート体制のもとに、一から育てあげた全学年の部員と甲子園を目指す夏。榊原監督の選手起用と采配が、選手のスキルとコンディションにがっちりと噛み合って、隙は全くない。

 榊原監督にとって、成果が求められるこの夏。2年ぶりに聖地へ足を踏み入れることができるか?甲子園出場まで、あと2つ。

(文=三角 竜之

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
延岡学園、富島との接戦制し6季ぶり12回目優勝!【秋季宮崎県大会・5日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
決勝は延岡学園vs富島!【秋季宮崎県大会・4日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
聖心ウルスラvs宮崎日大【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎日大vs宮崎第一【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎学園vs延岡学園【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎学園vs小林秀峰【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
第525回 宮崎県展望「剛腕投手輩出県こと宮崎。今年も藤谷、森、木幡などプロ注目がズラリ!!」【大会展望・総括コラム】
都城東vs宮崎日大【宮崎県 2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会】
第426回 宮崎日大高等学校(宮崎)「支え」「責任」「覚悟」そして「底力」【後編】【野球部訪問】
第425回 宮崎日大高等学校(宮崎)恩師と「カープ野球」の教えを原点に【前編】【野球部訪問】
第40回 武田 翔太投手(宮崎日大-福岡ソフトバンクホークス)「試練から逃げず、努力したからこそ今の姿がある」【vol.3】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第37回 武田 翔太投手(宮崎日大-福岡ソフトバンクホークス)「成長のターニングポイントとなった大分遠征」【vol.2】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第304回 横浜DeNAベイスターズ・下園 辰哉 外野手「来るチャンスを逃さないためには」 【2015年インタビュー】
第123回 宮崎日本大学高等学校 甲斐 翼 投手 【2013年インタビュー】
宮崎学園 【高校別データ】
宮崎日大 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権大会宮崎大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

宮崎県地域応援スポンサー

宮崎県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る