2018年05月14日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

東山vs龍谷大平安

2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

東山が必死の継投リレーで龍谷大平安に粘り勝ち!



好投を見せる小山湧平(東山)

 龍谷大平安東山の一戦。両校は昨秋でも対戦しており、その時は龍谷大平安がコールド勝ちを収めている。東山の足立景司監督は「昨秋は相手の技術力で負けたわけではなく、自滅という形でやられる試合となりました。だから今日は試合に勝つのではなく自分たちでやれることをやろうと選手たちに話し合いました」と普段通りの野球を心掛けた。それが実った試合となった。

 1回裏、龍谷大平安の3番松本 渉(3年)の適時打で1点を先制され、打席には4番松田憲之郎(3年)。松田に対し、東山バッテリーはインコースを要求。松田をどん詰まりの二飛に打ち取り、東山の正捕手・大杉 渉太(3年)は
「これで先発の小山(湧平)はストレートで勝負できると実感できました」と手応えを感じたという。

 そして2回表、一死から5番大杉が「速いストレートをずっと練習してきたので、狙い通りにストレートを打ち返すことができた」と直球を振り抜いた打球はレフトを超える二塁打となり、チャンスを作る。その後、二死一、二塁から8番井澤 瞭太(3年)が左越え二塁打を放ち、同点に追いつくと、9番小山が高めのストレートを捉えてライトオーバーの適時三塁打で、一気に3対1と逆転に成功した。

 4回の裏、龍谷大平安は 一死二塁から7番馬場友翔(3年)のセンター前適時打で1点を返され、3対2と1点差に迫られたが、小山は4回を投げ、2失点の力投で同点にはさせなかった。

 小山は決して上背はないが、コンパクトなテークバックから鋭く腕を振って投げ込む右オーバーから常時120キロ後半~135キロのストレートは威力があり、120キロ前後のスライダー、フォークを投げ分ける右の本格派。ストレートは走っており、特に警戒していた4番松田の第2打席は高めのつり球で空振り三振に打ち取るなど、持ち味はしっかりと発揮した。

【次のページ】 東山vs龍谷大平安(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
乙訓が春の京都大会制覇!20日の決勝戦、三位決定戦を徹底レポート!【春季京都府大会】 【ニュース - 高校野球関連】
乙訓、立命館宇治が決勝へ!19日の準決勝2試合を徹底レポート!【京都府大会】 【ニュース - 高校野球関連】
乙訓vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都翔英vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
龍谷大平安vs南陽【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第675回 松田憲之朗(龍谷大平安)「平安のDNAを受け継ぐスラッガー。目指すは甲子園100勝」 【2018年インタビュー】
第669回 島田 直哉(龍谷大平安)甲子園100勝目へ向けたエースの成長と決意 【2018年インタビュー】
第478回 龍谷大平安「100回大会で節目の甲子園100勝を!」【野球部訪問】
センバツ未出場も、夏の甲子園に近い注目10校をピックアップ!【100回記念大会特集】
第133回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(西日本編)【ドラフト特集】
京都翔英vs龍谷大平安【京都府 2017年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
龍谷大平安vs西城陽【京都府 2017年夏の大会 第99回選手権京都大会】
第508回 高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」京都編【大会展望・総括コラム】
第549回 岡田 悠希(龍谷大平安)「京都のホームランアーチスト!覚醒のカギは『頭脳と肉体の同化』」 【2017年インタビュー】
第281回 中央大学 河合 泰聖選手(龍谷大平安出身)【後編】「人は、自分よりも他人のためになると力を発揮する」 【2015年インタビュー】
第280回 中央大学 河合 泰聖選手(龍谷大平安出身)【前編】 「センバツ優勝キャプテンの本音」 【2015年インタビュー】
東山 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
平成30年度 春季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

東山今春の京都大会の準決勝進出おめでとうカメ大王 2018.05.14
東山高校の皆様は、今春の京都大会の準決勝進出おめでとうございます!!☆☆♬
逆転した時は1イニング3点が1番大きかったです!!☆☆♬
さて、今春の京都大会の準決勝の対戦相手は乙訓(オトクニ)高校ですね
私は東山高校の勝利を楽しみにしています
それでも勝者には今春の京都大会の優勝と、今春の近畿地区大会でも勝利を願いたいです
私も期待しています
東山サイドの皆様は、今春の京都大会の準決勝に向けて、勝利を目指して頑張って下さい
ガンバレ東山!!めざせ公式戦における勝利☆☆
東山高校が今春の京都大会の準決勝でも勝利を挙げることを楽しみにしています

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る