2018年05月04日 京都府立山城総合運動公園野球場(太陽が丘球場)

乙訓vs北稜

2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

乙訓がコールドで8強進出



川畑大地(乙訓)

 今年のセンバツで甲子園初出場、初勝利を挙げた乙訓。センバツ以来の公式戦となったが、力を存分に発揮して北稜を8回コールドで下した。

 乙訓の先発はエースの川畑 大地(3年)。二死から3番の石井耀太郎(2年)に安打を許すが、初回を無失点に抑える上々の立ち上がりを見せる。

 するとその裏、乙訓北稜の先発・相生温大(3年)を攻め、無死二、三塁のチャンスを作る。ここで3番の浅堀 大暉(3年)がセンターの頭上を超える適時二塁打を放ち、2点を先制。さらにこの後、暴投で1点を追加し、初回で3点のリードを奪った。

  反撃したい北稜は2回に5番の相生と6番・山本京真(3年)の連打で無死一、三塁とする。さらに続く7番の岸本大輝(3年)の併殺の間に相生が生還。1点を返し、反撃ムードが漂う。

 しかし、簡単に流れを渡さないのが今年の乙訓。1点を返された直後に一死一塁から2番に抜擢された片岡 正之介(3年)のレフトオーバーの適時二塁打で1点を追加。再び乙訓に流れを呼び戻した。

 打線好調の乙訓は3回と4回にも1点ずつを追加。川畑も3回以降は得点を許さず、完全にゲームの主導権を握る。

 5回、6回と無得点の乙訓だが、7回には川畑の適時打で1点を追加。8回には二死二塁からスタメンでここまで唯一無安打だった主将の7番・中川健太郎(3年)の右前適時打で7点差となり、コールド成立。先発全員15安打の猛攻で乙訓が8強に進み、夏のシード権を獲得した。

 乙訓の市川靖久監督は試合後、「打線が久しぶりに繋がった」と振り返った。センバツ後は打線が低調だったそうだが、この試合で復調を印象づけた。この春については「優勝を目指してやりたいとは思いますが、新しい戦力も考えていきたい」と胸の内を明かした。甲子園を経験し、強豪校の風格も出てきた乙訓。これからの戦いぶりに注目したい。

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
5月26日開幕の近畿大会の組み合わせが決定!大阪桐蔭、智弁和歌山などが出場 【ニュース - 高校野球関連】
乙訓が春の京都大会制覇!20日の決勝戦、三位決定戦を徹底レポート!【春季京都府大会】 【ニュース - 高校野球関連】
乙訓vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
乙訓vs立命館宇治【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
乙訓vs福知山成美【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第636回 【準々決勝見所】ベスト4進出をかけて激突!4試合のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
第636回 【9日目見所】今日でベスト8が出揃う!大阪桐蔭vs明秀日立の一戦に注目!【大会展望・総括コラム】
三重vs乙訓【第90回記念選抜高等学校野球大会】
乙訓vsおかやま山陽【第90回記念選抜高等学校野球大会】
第624回 第90回センバツ逸材野手【西日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第622回 第90回センバツ逸材投手【西日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
乙訓 【高校別データ】
北稜 【高校別データ】
平成30年度 春季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る