2010年07月17日 県営八代野球場

玉名工vs氷川

2010年夏の大会 第92回熊本大会 2回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

荒西投手(玉名工)


“チームのため”に進化するエース

梅雨明け宣言された青空のもと、投じた夏の初球はストレート――。
しかも外角低めのコーナーいっぱいに。

“熊本のドクターK”、“火の国の奪三振マシン”などの異名をとるサイドハンドの本格派、玉名工のエース・荒西祐大だ。
先頭打者に対して2球目、3球目も続けてストレートを投げ、3球三振。
しかし、いきなり2番・丸山喬大に三塁手後方に落ちる左前安打を浴びた。
それに全く動じないエースは顔色一つ変えず堂々としたプレート捌きをみせ、3番・河崎泰平も3球三振。
初回こそ、結果的に2つの三振を奪ったが、この日の荒西は違った。
「今日は打たせて取ることを意識しました」。
1球、1球、気持ちを込め、コーナーを丁寧に突いた。打たせて取るピッチングを意識している中にも、やはり持っているモノは違うということがうかがえる。サイドからの常時130キロ後半のストレートは、丁寧に投げているようで“ズバッ”と決まる。しかも、スライダー、カーブ、シンカー・・・

この日、6回を投げ、被安打1、奪三振5、四球1のコールド完封にも全く浮かれず、「制球力がまだまだなんで自己採点は50点です」と苦笑いしたが、その表情からは“まだまだこんなもんじゃいけない”と先を見据えていることがうかがえた。
そして最後に「三振にこだわらず、打たせて取ることを心掛けてチームの勝利に貢献したいです」と玉名工の背番号1は力を込めた。
自分の代名詞である奪三振を捨て“チームのために打たせて取る”その言葉から頼もしさが漂っていた。

試合後、同校の安田健吾監督は「初戦ということで、チーム全体的に堅かったが、荒西を中心に守りからリズムをつくり、確実に1点ずつ積み重ねていけた」。その言葉通り、攻めでは9安打を放つ中にも送りバントなどの犠打を絡めてきた。特に2回、4回、6回は1死からでもバントで送り、2死三塁の場面をつくる手堅い攻めをみせ、結果的にそれがすべて得点につながった。点差は開いても雑にならない玉名工の守りと攻めから“チーム力”が伝わってきた。

“チームのため”に進化するエースを軸に一つになった熊本県立玉名工業。
旋風を巻き起こす、いや聖地への第一歩を踏み出し、夏は始まったばかりだ。

(文=PN アストロ




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
文徳、鎮西らが3回戦へ【選手権熊本大会・16日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
九州学院、必由館らが初戦突破!【熊本NHK旗・30日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第354回 巨大戦力・秀岳館に負けじと成長!下剋上を誓う強豪たち【熊本抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
牛深vs玉名工【熊本県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球熊本大会】
専大玉名vs氷川【熊本県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球熊本大会】
ルーテル学院vs玉名工【熊本県 2011年夏の大会 第93回熊本大会】
八代工vs玉名工【熊本県 2011年春の大会 第128回九州地区高校野球熊本大会】
玉名工 【高校別データ】
氷川 【高校別データ】
第92回熊本県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

熊本県地域応援スポンサー

熊本県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る