2011年04月24日 神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場

慶応義塾vs桐蔭学園

2011年春の大会 春季神奈川県大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

谷田(慶応義塾)

慶應義塾、緊迫の投手戦を2発で制す

 終わってみれば慶應義塾が2本のソロ本塁打で挙げた2点を守り切ったというわかりやすい試合だったというか、一発だけの得点といういくらか大味な試合になったともいえるかもしれない。
しかし、内容的にはしっかりとした守り合いで、さすがに神奈川県の8強対決だと思わせるものだった。

慶應義塾は初回、2死で三番谷田君がフルカウントから真ん中少し外寄りの球をしっかりと捉えてバックスクリーン横に放り込んだ。打球が外野手の頭上でグーンと伸びと行くような、プロ級の豪快な一打だった。これは、谷田君自身通算69本目だというが、芸術的アーチといっていいくらいのものだった。
この1点を追いかける桐蔭学園は5回、四球の八番内海君を二塁において2死から、一番阿部君がしぶとく三遊間を破って二走を帰して同点とした。
お互いの投手がいいだけに、次の1点が勝敗の行方を左右しそうな気配が濃厚だったのだが7回、慶應義塾はこの回先頭の四番沓掛君がジャストミートで運んだ打球が左翼スタンドに飛び込んだ。

前を打つ谷田君が歩かされるというケースが多く、自分で勝負されるという場面でコンパクトに打つことを要求される四番でもあるのだが、この回は先頭打者だったということもあって思い切りのいいスイングをすることが出来たのだが、それがドンピシャリのタイミングで捉えることになった。元々、一発を打つ力のある打者だから四番に座っているのだから、その本領を発揮したといってもいいだろう。

 慶應義塾としては8回にも代打小関君の左前打などで追加点の好機を得たのだが、ここは最後に桐蔭学園が藤岡君を送りこんで力で封じ切った。

【次のページ】 慶応義塾vs桐蔭学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
環太平洋大vs慶應義塾大【2017年 第48回明治神宮野球大会 大学の部】
【関東】決勝は中央学院vs明秀学園日立!準決勝2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
明秀学園日立vs慶應義塾【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
決勝は明秀学園日立vs中央学院!【秋季関東大会・27日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
慶應義塾vs國學院栃木【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
慶應義塾vs拓大紅陵【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
第491回 神奈川大会をさらに楽しむには?各ブロックの見所、盛り上がりどころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第489回 明日神奈川大会抽選会!横浜、東海大相模など有力校の戦力分析!【大会展望・総括コラム】
第535回 東京ガス 山内佑規捕手「勝てる捕手が一番いい捕手」【後編】 【2017年インタビュー】
第532回 東京ガス 山内佑規捕手「下積み生活を乗り越えて掴んだ正捕手の道」【前編】 【2017年インタビュー】
第45回 「打倒横浜」から「3強」に変化している神奈川県の勢力構図(神奈川)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第410回 千葉ロッテマリーンズ 鈴木 大地選手 vol.3「名手・鈴木 大地を作り上げた中学時代の挫折」 【2016年インタビュー】
第409回 千葉ロッテマリーンズ 鈴木 大地選手 vol.2「守備を支える独自のグラブのこだわり」 【2016年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る