2018年03月24日 横浜高校長浜グラウンド

横浜vs松陽

2018年春の大会 神奈川県春季大会地区予選 リーグ戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

今年の横浜打線は強烈!5回コールド勝ち!



本塁打を打った角田(横浜)

 横浜が初戦を迎えた。昨秋、県大会でコールド負けを喫したが、やはり実力は本物である。

 1回表、3番山崎 拳登の右中間を破る適時二塁打を放ち、1点を先制。その後、打線がつながり、2回表には、連続押し出しと5番内海 貴斗の走者一掃適時三塁打で5対0と突き放し。さらに3回表には7番角田 康生の豪快な左越え本塁打が飛び出すと打線も一気につながり、10得点。さらに4回表には6点、5回表には1点を入れて、24対0と大量リード。

 投げては左腕エース・板川 佳矢が4回無失点の好投。板川の持ち味である下半身主導のフォームから繰り出すストレートが以前よりも力強さが増していた。

 また、打線では3番山崎、4番長南 有航、5番内海の強力クーリンナップの活躍がひかった。

 山崎はパンチ力があり、ライナー性で左中間、右中間と鋭い打球を連発する強打者。また長南は一発こそなかったが、長打を放った時の打球の鋭さ、速さはドラフト候補と思わせるものがあった。内海は右、左へと長打。内海は昨年と比べて体つきが太くなり、スイングにも迫力が出てきた。フォローが大きい豪快なスイングは新2年生の中ではトップクラスといえるほどのすごみがあった。

 注目の万波 中正だが、両足を肩幅ぐらいに広げ、重心を下げたノーステップ打法に代わっていた。まだ打ち損じが目立つが、捉えた時の打球は圧巻。右中間への三塁打を打った後、安堵の表情を浮かべていた。

 一昨年、去年のチームもそうだったが、横浜は一冬越してからの選手の打撃の成長度が他校と比べても断然違う。多くの学校を見ても全国レベルの破壊力を持った打線であることは間違いない。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜、藤沢清流が3回戦進出!【選手権南北神奈川大会・18日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
横浜vs逗子開成【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
横浜商vs横浜隼人【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 南神奈川大会】
横浜商大高vs多摩【神奈川県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北神奈川大会】
東西兵庫大会が幕開け!明石城西、西脇が2回戦へ!【選手権 東西兵庫大会・11日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
れいめいvs松陽【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第166回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.10「吉田輝星、矢澤 宏太」【ドラフト特集】
第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第164回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.7「直江大輔、梶田蓮、斎藤大輝」【ドラフト特集】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
横浜vs常総学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第564回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「逆方向の本塁打増加はロングティーと置きティーにあり!」【後編】 【2017年インタビュー】
第562回 筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「正しいスイングこそ理想の打撃の近道だ」【前編】 【2017年インタビュー】
第542回 増田珠(横浜)「勝負を避けられる打者になった喜び」 【2017年インタビュー】
松陽 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

横浜頑張れ!すぐる 2018.03.25
伊藤将司さん時代から応援しています!
個性と持ち味を発揮して頑張ってください
ファィト!

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る