2017年04月15日 横須賀スタジアム

横須賀総合vs横浜翠嵐

2017年春の大会 神奈川県春季大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

打線のつながりを見せた横須賀総合が、7回コールドで横浜翠嵐を下す!



4安打を放ち打線を牽引した深野(横須賀総合)

 7回で10得点を挙げた横須賀総合横浜翠嵐をコールドで下した。

 試合は序盤から動いた。先制したのは横須賀総合。2回、四球と内野安打で二死一、二塁のチャンスを作る。ここで打席にはラストバッターの宇田川。背番号16ながら遊撃でスタメン起用された男の一打は、鋭い打球が右前へ。見事、右前適時打となり、先取点を得た。

 この1点で火が付いたのか、3回にはビッグイニングを作る。得点圏に走者を置き、8番堤、9番宇田川、1番深野の3者連続適時打などが飛び出し、一挙6得点。点差を7点に広げ、試合を優位に進めていく。

横須賀総合、先発のエース・菅原は走者を出すものの、要所を締める投球が光り、5回まで横浜翠嵐打線を1失点。対する横浜翠嵐は、何とか反撃したいところ。ここで、大きな一打が生まれる。

 4回に1点を返したものの、再び7点差とされた直後の6回。この回から登板した、横須賀総合2番手の間瀬を攻め立てる。先頭の3番古山が横須賀総合の守備が乱れる間に二塁を陥れる。二死となるものの、迎えるは6番平山。非常に良い打球音とともに、良い角度で上がった打球は、風にも乗り、左翼席へと吸い込まれた。この本塁打で、横浜翠嵐は一気に盛り上がりを見せたが、反撃もここまでであった。

 点差を5点に縮められた横須賀総合だったが、7回。2番手で登板していた横浜翠嵐・豊澤を攻め、チャンスを作る。ここで3番岩佐が右前適時打を放ち、1点。さらに満塁とし、5番松尾が四球を選び、押し出しとなってコールドゲームが成立。横須賀総合が勝利を収めた。

 勝利した横須賀総合は、リードオフマンの深野が4安打を放ち、打線をけん引。4安打中、三塁打が1本、二塁打が2本という長打力に加え、俊足が持ち味の右打者。彼の活躍が、カギを握っているといっても過言ではないだろう。次戦以降も注目していきたい。

 敗れた横浜翠嵐だが、6番平山が本塁打を放つなど、打撃力を見せつけた。体格の良い選手も揃っており、夏にレベルアップした姿を期待したい。

(取材・写真=編集部)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜、東海大相模らが4回戦へ!【秋季神奈川県大会・9日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
【神奈川】秋季神奈川県大会開幕!サーティーフォー保土ヶ谷球場で行われた2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
麻溝台vs横浜翠嵐【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
日大藤沢vs横須賀総合【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
横須賀総合vs相原【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
第224回 【秋季神奈川県大会】日大藤沢vs桐光学園など初戦から好カード満載!注目のカードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
柏陽vs横浜翠嵐【神奈川県 2015年秋の大会 神奈川県大会 一次予選】
第218回 【秋季神奈川地区予選】県大会を目指して...注目のブロック、注目チームを紹介!【大会展望・総括コラム】
第132回 【春季大会展望】目指すは夏のシード権!激戦の神奈川春季県大会展望!【大会展望・総括コラム】
横須賀総合vs横須賀学院【神奈川県 2015年春の大会 神奈川県春季大会 地区予選】
第100回 2015年の高校野球を占う【神奈川編】 平塚学園、東海大相模などディフェンス重視のチームが第一勢力【大会展望・総括コラム】
第13回 横須賀総合高等学校(神奈川)【冬が僕らを強くする】
横須賀総合 【高校別データ】
横浜翠嵐 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る