2018年06月04日 鹿児島県立鴨池野球場

鹿児島実vs川内

2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会 決勝戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

吉村復調に手応え・鹿児島実



鹿児島実の8点目となるツーランを放った吉村陸矩
 

 夏の前哨戦の決勝戦、先手をとったのは川内だった。 

 初回に4安打を集中。3番・福永颯汰(3年)のライト前タイムリー、7番・新山昇平(2年)の内野安打で2点を先取した。 

 鹿児島実は2回から吉村陸矩(3年)をマウンドに送る。今大会準決勝まで全試合先発した右腕が試合を立て直すと、3回表は四球、送りバント野選、送りバントで二死二三塁のチャンスを作り、5番・益満雄仁(3年)のライトオーバー二塁打で同点に追いつき、相手のエラーで逆転に成功した。 

 5回には3四死球に2つのバッテリーエラーが絡み、7番・岩下丈(3年)がスクイズで手堅く加点し、9番に入った吉村が2ランを放ち、この回、1安打で4点を加点し主導権を握った。 

 吉村は2回以降、7安打されながらも8三振を奪い、無四球で川内に追加点を許さなかった。 

 川内は相手の倍の12安打を放つも、投手陣が9四死球を与え、2暴投、3捕逸、3失策とミスが重なったのが痛かった。 

 鹿児島実にとって、右腕・吉村の復調は今大会の大きなテーマだった。決勝戦でも投打で活躍し、宮下正一監督の期待に応えた。 

 新チームから背番号1を背負ってきた吉村だったが、春の県大会準々決勝でライバル樟南に打ち込まれてから「マウンドに上がるのが怖い」と感じるほど不振に陥った。大型連休中の遠征でも打ち込まれて炎上し、「野手の信頼を失いかけた」(宮下監督)。 

 エース番号は安定感抜群の左腕・立本颯(3年)に譲ったが、夏を勝ち抜くためには吉村の復調が欠かせない。4、5月と復調を目指して取り組んだ成果を発表するのが今大会だった。初戦から準決勝まで4試合を先発。決勝戦も2回からロングリリーフだったが無失点で切り抜け、試合を立て直した。 

 復調のカギは「フォームを安定させること」。春まではフォームが安定せず、肝心な場面で力んでしまうので「3ボールになったら必ず四球を出した」。様々な試行錯誤を繰り返し、最終的には「脱力し、身体の前で腕を大きく振る」ことで安定した投球ができるようになった。 

 5戦目の登板であり、2点差を追いかける想定外の登板だったが、淡々と投げ続け、8三振を奪い、四球を与えなかった。打撃でも5回に貴重な追加点となる2ランを放った。「まだまだ課題はたくさんあるけど、夏に向けて自信がついた」と振り返った。 

 投手陣もさることながら、今大会は主砲の西竜我(3年)、板越大剛(3年)といった選手をケガで欠く苦しいチーム事情だった。西に代わって4番に座った中島翔(3年)、決勝で反撃の口火を切るタイムリー二塁打を放った益満をはじめ、椎葉崚(3年)、山下達也(3年)といった選手が活躍。来る100回目の夏に向けて、宮下監督は「レギュラー争いが激しくなり、選手層が厚くなった」ことを確かめられたのが何よりの収穫だった。

 

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿児島実が2年ぶりのV!決勝戦を徹底レポート!【NHK旗鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
川内が「同郷対決」を制す!準決勝2試合を徹底レポート!【NHK旗鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
鹿児島実vs尚志館【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
川内vsれいめい【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島実vs出水工【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
川内vs鹿児島南【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島実vs樟南【鹿児島県 2018年 第60回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
第1回 【2017年 キミは最も輝いていたで賞!】鹿児島編・リスキーなプレーをみせた松永遥平(鹿児島)【現地記者の高校野球取材ノート】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第517回 【鹿児島展望】シード校、初戦の好カード多し! 地に足つけた実力問われる!【大会展望・総括コラム】
第497回 【鹿児島展望】神村学園、鹿児島実、2強を軸にV争い!本物の力が問われる夏!【大会展望・総括コラム】
第10回 鹿児島実・久保 克之名誉監督「己を知り、相手を知る。「ミス」をなくし「負けない」チームを作る 」【後編】【名将たちの言葉】
第381回 鹿児島実業高等学校 綿屋 樹選手「目指すは打率8割以上!」 【2016年インタビュー】
第219回 福岡ソフトバンクホークス 本多 雄一選手(鹿児島実業高出身) 【2014年インタビュー】
第197回 読売ジャイアンツ 杉内 俊哉投手(鹿児島実高出身) 【2014年インタビュー】
鹿児島実 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
第60回NHK旗争奪 鹿児島県選抜高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る