2017年10月02日 鴨池市民球場

鹿屋中央vs川辺

2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 4回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

リードオフマン・篠田が復調・鹿屋中央



鹿屋中央・篠田満塁弾

 鹿屋中央は初回、1番・篠田 大聖(2年)が左中間を深々と破る三塁打を放ち、2番・福永 拓斗(1年)のレフト前タイムリーで早々に先制する。5番・松田 修吏(2年)にもセンター前タイムリーが出て2点を先取した。

 2回は2番・福永の左中間二塁打、4番・柊木 野太助(1年)のライト前タイムリーで3点を加える。

 川辺は3回、二死満塁から5番・小山 愛斗(2年)がライト前に落ちるタイムリーで1点を返した。

 その裏、鹿屋中央は無死満塁で1番・篠田がライトスタンドで特大の満塁弾を放ち、一気に主導権を手繰り寄せた。

 川辺は5回、先頭の1番・黒瀬 心之介(2年)がライト線二塁打を放ち、何とかコールドを阻止したかったが、後が続かず、1時間28分のスピードゲームで鹿屋中央の猛打に屈した。

 鹿屋中央のリードオフマン・篠田は今大会、ヒットは出るも不本意な成績に終わっていたが、この日は2本の長打、グランドスラムの4打点と復調し、チームを勢いづけることができた。

「いいところで打てていなかったので、ビデオで見ながらコーチとトレーナーと話し合ってフォームを少し変えてみた」と篠田。右脚を上げてタイミングを取っていたが、身体の内側に入り込むように上げていたので、バットが身体の後ろに巻き込むようになってしまって、微妙に振り遅れていた。

 脚はまっすぐ上げるようにしてバットの動きを小さくする。微妙な修正だったが、それだけで自分の感覚を取り戻すあたりに好打者の素質を感じる。3回は「1年生が踏ん張って投げて、下位打線が粘ってチャンスを作ってくれた」ことに意気を感じ、チームのテーマでもある初球を逃さず、打った瞬間ホームランと分かる切れ味鋭い打球をライトスタンドに飛ばした。山本信也監督は「投手が踏ん張って何とか勝てていたのを、打って勝つことができて良かった」と内容のある勝ち方ができたことを喜んでいた。

(文=政 純一郎

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿屋農がエースの力投で初の8強へ 4回戦4試合を徹底レポート!【鹿児島大会】 【ニュース - 高校野球関連】
鹿屋中央vs薩南工【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
鹿屋農、初の8強へ【選手権鹿児島大会・20日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
鹿屋中央vs鹿児島情報【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
鶴丸vs川辺【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
鹿屋中央vs屋久島【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
川辺vs鹿児島工【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第628回 初戦から激戦必至!鹿児島県大会の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第1回 【2017年 キミは最も輝いていたで賞!】鹿児島編・リスキーなプレーをみせた松永遥平(鹿児島)【現地記者の高校野球取材ノート】
第497回 【鹿児島展望】神村学園、鹿児島実、2強を軸にV争い!本物の力が問われる夏!【大会展望・総括コラム】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
鹿屋中央 【高校別データ】
川辺 【高校別データ】
第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る