2017年09月30日 伊集院総合運動公園野球場

徳之島vs加治木

2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 3回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

「対応」と「修正」で逆転勝ち!・徳之島



加治木1点目

 加治木は4回表、先頭の4番・中村 綜志(2年)が三塁打を放ち、6番・中西 隆太(2年)のレフトオーバー二塁打で先制した。

 徳之島はその裏、一死一三塁と好機を作り、6番・米谷 竜輝(1年)のレフト前タイムリーで同点に追いついた。

 5回は一死二塁で3番・太良 優伸主将(2年)のセンターオーバー二塁打で勝ち越し。7回は二死満塁で5番・福田 弦太(1年)がセンター前2点タイムリーでリードを広げた。

 先発の左腕・友野 晃竜(2年)は6回まで1失点の好投。7回以降はエース仁礼 尚人(2年)が追加点を許さず、9回表二死満塁のピンチもショートフライでしのいだ。

 徳之島は初戦に続いて先制されたが、すぐさま同点においつき、逆転勝ちできた。

 ポイントは「対応と修正」(吉田 公一監督)だった。相手はこちらの打線を研究し、ウイークポイントを突いてくる。外角中心の配球に、打たされて凡打になることが多く、先制点が取れなかった。

 勝ち上がっていくためには、いろんなタイプの投手に打線は対応しなければならない。この日の対応、修正のポイントは「しっかり呼び込んで逆方向に打ち返す」(吉田監督)ことだった。

 4回、先制された直後、先頭の3番・太良主将が口火を切ったことで打線に火が付いた。このところ打撃不振だったが、初戦から3日間の間で自分の打席をビデオで見直しながら「バットを構えた時に明らかに力んでいた。バットは肩に乗せるようにリラックスして、インパクトの瞬間だけに力を入れる」ことを心掛けた。

 5回のセンターオーバー二塁打は、追い込まれていたが高めの甘い直球を逃さず「逆らわないで逆方向に打てた」勝ち越し打だった。

「先に点を取られてもすぐに取り返し、劣勢の時間を短くできるのが強いチーム」と吉田監督。楽に勝ててはいないが「強いチーム」らしい勝ち方はできつつある。8強入りをかけて対戦するのは、夏に苦杯をなめた鹿児島商。「3年生の借りを返したい」(太良主将)気持ちは強いが「これからきょうよりももっと厳しい試合になる。守備は安定しているので打ち勝つ自分たちの野球をやる」のが肝心だ。

(文=政 純一郎

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
薩南工vs徳之島【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
れいめい・3アーチなどで圧倒! 3回戦6試合を徹底レポート!【鹿児島大会】 【ニュース - 高校野球関連】
加治木vs古仁屋【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
加治木工vs神村学園【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
死闘3時間2分、まさかの展開に!二回戦6試合を徹底レポート!【鹿児島大会】 【ニュース - 高校野球関連】
徳之島vs鶴翔【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
加治木vs加世田【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第517回 【鹿児島展望】シード校、初戦の好カード多し! 地に足つけた実力問われる!【大会展望・総括コラム】
第497回 【鹿児島展望】神村学園、鹿児島実、2強を軸にV争い!本物の力が問われる夏!【大会展望・総括コラム】
第344回 【鹿児島抽選会後 展望】鹿児島実筆頭に「6強」がV争いの軸【大会展望・総括コラム】
加治木 【高校別データ】
徳之島 【高校別データ】
第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る