2016年10月04日 鹿児島県立鴨池野球場

武岡台vs出水

2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

前日の経験を生かす・武岡台

武岡台先発・宮田悠希

 武岡台は初回、4番・永井千尋主将(2年)のレフト前タイムリーを皮切りに5連打を浴びせ、7安打7得点で出水の左腕・濱島優真(2年)を攻略した。

 出水は2回に8番・岩塚卓磨(1年)のライト前タイムリー、3回に押し出しで1点ずつを返し粘りを見せる。武岡台は4回にも5番・日高紘志(2年)のライトオーバー二塁打などで2点を加え、5、6回にも1点ずつを加え、先発全員安打となる15安打を放った。

 武岡台は27年ぶりとなる4強入りを果たした。前日は5回まで1対3とリードされていたが雨でノーゲーム、仕切り直しとなった。「相手の濱島君を全員が見られたのが大きい」と濱涯聡監督。劣勢を強いられたが、前日の反省を生かし、出水のエース対策を練ることができた。球威のある出水・濱島に対して詰まって打ち上げる打球が多かった。仕切り直しまでに濱涯監督は「スイングをコンパクトにして、振り負けずに低い打球を打つ」イメージを徹底するよう、各選手に指示した。

 前夜は「ひたすらバットを振りまくった」4番・永井主将に初回一死一二塁で好機が回ってくる。「宮田(悠希・1年)のためにも何としても二走を返したかった」と追い込まれながらも、レフト前に弾き返し、先発した1年生右腕へ強力な「援護射撃」となった。打線の核となる4番、主将がテーマ通りの低く鋭い打球を飛ばしたことで、打線に火が付く。5連打を浴びせ、内野ゴロを挟んで更に2連打を重ね、大量7点を奪って主導権を手繰り寄せた。

 前日は途中からのリリーフだった宮田だが「気持ちの入った投球をしていた」姿に濱涯監督は先発を託した。「前の日の疲れも感じさせず、ボールに勢いがあった」と捕手・永井主将。出水打線を5安打2失点に封じた。

 初戦国分中央に続いて、シード出水にも先発全員安打の15安打での快勝に、濱涯監督は「出来過ぎです」と謙遜しながらも「力はあると思っていたチームが持っている力を発揮してくれた。この結果を自信にしてくれれば」と期待する。「ここはあくまで通過点」と永井主将。目指すのは学校創立30周年の節目に、九州大会初出場、その先の甲子園出場を勝ち取ることだ。

(写真・文=政 純一郎

注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
県ベスト4の武岡台(鹿児島)、進化のポイントは?「誰でもできることを徹底して積み重ねたこと」 【ニュース - コラム】
第408回 県立武岡台高等学校(鹿児島)「誰でも出来ることを徹底して積み重ねることが進化につながる」【後編】【野球部訪問】
55季ぶり県ベスト4の武岡台(鹿児島)!「半端な努力じゃ何も変わらない!」 【ニュース - コラム】
第407回 県立武岡台高等学校(鹿児島)「『普通の高校生』が変わるとき」【前編】【野球部訪問】
鹿児島実vs出水中央【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
国分中央vs武岡台【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
出水中央vs加治木【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
武岡台vsれいめい【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs出水【鹿児島県 第22回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第158回 【第97回鹿児島大会展望】3年振りの甲子園を目指す神村学園を軸に鹿児島実、樟南、れいめいを中心に展開!【大会展望・総括コラム】
第148回 【鹿児島大会展望】「対抗馬」はどこ? 追走する樟南、鹿実、出水中央…【大会展望・総括コラム】
第113回 第136回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選展望 「各ブロックに強豪校が点在!」【大会展望・総括コラム】
出水 【高校別データ】
武岡台 【高校別データ】
第139回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

武岡台武岡台の新たな歴史を作ろう鴨池院町の応援団 2016.10.05
選抜にいっど!
キャプテン永井君、歴史の主役だ!
武岡台キャプテン永井君よくやった鴨池新町の応援団 2016.10.02
4番・永井 千尋主将、2試合連続の殊勲打を今回も期待しているよ!

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る