第118回 高知中央高等学校 田川 賢吾 選手2012年12月11日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 投手を本格的に始めたのは、高校2年生の6月。僅か投手経験1年半でドラフト指名を受けた。(関連ニュース)

 そんな夢のような話を実現させてしまったのが、高知中央高校のエース右腕・田川 賢吾である。
 当時は最速130キロ前後だった球速も、148キロまでアップさせた。ただ、そこに至ったのは187cm77kgという類稀な身体能力のお陰だけではない。
 過去、関西沖縄尚学、岡山県作陽で多くの一流選手を育成してきた角田篤敏監督から伝授された投手メソッド。かつ、投手に不可欠な「スピード&パワー」のトレーニングを地道に実践してきたからに他ならない。

【目次】
[1]ブルペン編 大事なのは「リズム」、「下半身の体重移動」、「リリース」
[2]投球技術編 ボールの「回転・角度」、「キレ」、「伸び」を意識する
[3]トレーニング編 厳しいサーキットに腹筋背筋、そして力餅


1:ブルペン編 大事なのは「リズム」、「下半身の体重移動」、「リリース」

体が開かないことと体重移動を意識し
投球前に遠投する田川賢吾選手

――ブルペン投球に入る前に心がけていることは何ですか?

田川 賢吾選手(以下「田川」) 僕は肩ができるまで80m~90mの距離で必ず遠投をしています。その時に意識することは体の開きを防ぐこと、そしてスムーズな体重移動。それを身に付けるようにするために、僕は片足ケンケンを入れながら遠投するようにしています。

――どれくらいの時間、遠投をするのですか?

田川 時間は決めていませんが、肩が温まるまでは遠投をします。

――なるほど。では、ブルペンではどこをポイントにしていますか?

田川 僕がポイントにしているのは3つです。1つ目はリズム。2つめは下半身の体重移動。3つ目はリリースですね。

――もう少し詳しくいきましょう。まず「リズム」について。

田川 自分は投げ急ぐタイプなので、始動を「1」リリースを「3」とすると、1・2・3ではなく、1・2―――・3と2を長くするようにしていたんです。踏み出し足がついてから体重移動を始めるようにすると、それがスムーズにできるようになりました。その部分は3年夏の高知大会が一番よかったですね。

――2つ目の「体重移動」については?

田川 さっきお話した体重移動のタイミングに加えて、最後は左足で残るようにしています。この時に体重を左股関節に乗せるようにすると、きれいに体重移動ができますし、球威も上がります。
 そしてもう1つ。僕はブルペン投球後のダウンでも体重移動は常にしています。遠投やキャッチボールでもなるべく投げる動作に近い状態を作ることが大事です。僕はマウンドに立たないときは外野手をしていましたが、キャッチボールやノック返球でも体重移動を心がけていました。これは監督さんに言われたことでも特に意識していたことです。

リリースはこれ以上持ってこれない所まで
離すイメージ

――「全てがピッチングにつながる」ということですね。では、最後のリリースについてお願いします。

田川 リリースポイントは『これ以上いったらワンバウンドになるな』というくらい前まで持ってきて離していました。始動からはスムーズに力を抜いて持っていってリリースの瞬間、指先に全部力を伝えることだけを意識していましたね。僕は考えすぎると違う方向に行くので(笑)シンプルに考えるようにしていました。

――その他に気を付けていたことはありますか?

田川 これも監督に教わったのですが、踏み出しについては、最初はやや内側においていました。そうすると体重移動をしてリリースする瞬間、足がホームベースへ向かって真っ直ぐに向くんで。
 それと、グラブ位置の意識は特にしていなかったですが、体をひねらない意識は持っていました。体をひねろうとすると体の開きも早くなってしまいますから。そこを防ぐために、右手は体に巻きつけるように振り切っています。

――ありがとうございます。では、今度は皆さんが気になる「投球技術」について伺います。

【次のページ】 2:投球技術編 ボールの「回転・角度」、「キレ」、「伸び」を意識する

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

内川 聖一
田川 賢吾 (たがわ・けんご)
  • 高知中央
  • ポジション:投手
  • 身長体重:187cm・77kg
  • タイプ:右投右打
  • 東京ヤクルトスワローズ3位指名(2012)
  • 上記データは掲載時のものとなります。

【関連記事】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第82回 寺島 成輝(東京ヤクルト)「『履正社出身』を胸に」【ドラフト特集】
第76回 廣岡 大志(智辯学園ー東京ヤクルトスワローズ)「セ・リーグではピカイチの有望株!廣岡が目指すスラッガー像とは?」【ドラフト特集】
第25回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「高校時代からは想像もつかなかった選手に成長した」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
第368回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【後編】「試合で力を発揮するためのコンディショニング作り」 【2016年インタビュー】
第367回 東京ヤクルトスワローズ 小川 泰弘選手【前編】「長丁場のペナントレースでも力を発揮し続けるには」 【2016年インタビュー】
第303回 宮本 慎也氏【後編】「上手くなるには誰にでもできることの積み重ねしかない」 【2015年インタビュー】
第302回 宮本 慎也氏【前編】「走る意欲は大きなアドバンテージになる」 【2015年インタビュー】
館山昌平、復活への道
田川 賢吾(高知中央) 【選手名鑑】
高知中央 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー