印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第109回 東北楽天ゴールデンイーグルス 聖澤 諒 選手2012年08月25日

 今年のオールスターゲームに、選手間投票選抜から初選出された楽天イーグルスの聖澤諒選手。長野県立松代高時代はプロ野球への夢はとても遠いものでしたが、国学院大に入学してから、徐々にその夢は、本物の目標へと変わっていきました。
 努力の人・聖澤諒。彼は、一体、どんな考えを持って、日々野球に取り組んでいるのでしょうか。今、注目の聖澤選手に、「走塁・守備・打撃」について幅広くアドバイスをいただきました。

【目次】
[1]走塁編:自ら生み出した盗塁の成功理論とは?
[2]守備編:落下地点に素早く入るためのポイント
[3]打撃編:高い打率を残すために必要なもの
[4]野球選手としての成長スピードを高める方法

走塁編:自ら生み出した盗塁の成功理論とは?

”盗塁の5ポイントを語る聖澤選手”

――聖澤選手といえば、やはり走塁のイメージが強いのですが、スタートを切る際に意識しているポイントは?

聖澤諒選手(以下、「聖澤」)  5歩目までにトップスピードに入れば良いと思っています。高校野球の選手は一歩目の意識が強すぎてしまって、1歩目にトップスピードに入りたいと思ってしまうと、体が浮いてしまって、いいスタートが切れないので、5歩目までに100%のスピードに入れればいいと思っています。
 1歩目に入らなくてはいけないと思うより、5歩目までに入ればいいという心の余裕を持ってあげることで、体が浮かなかったり、いいスタートが切れると考えています。

――盗塁を成功させるために大事なのは、やはりスタートだと考えられていますか?

「聖澤」 スタートだけではないですね。僕の場合は、スタートを切る前の準備、(投手への)注意の能力、スタート、中間加速、加速の5項目を入れてるんです。

――スタートを切る前の準備というのは?

「聖澤」 リードを取って、相手のピッチャーが動いたならスタート、ってなってしまうと遅れてしまうので、牽制が無いんじゃないかとか、牽制が来そうだなというところで、スタートを切るまでに、6対4だとか、7対3、8対2とか。100%牽制は無いなと思ったら、10対0と心の中で自分の割合を考えるんです。牽制が来る割合が、7対3、8対2くらいで無さそうだなっていう時にスタートを切ると、何も考えていない1歩目とは全然違ってくるので、そうやって準備するようになりました。

――それは、聖澤選手独自で考え出した理論なのでしょうか?

「聖澤」  そうですね。考えるようになったのは大学時代からで、盗塁に興味を持つことでどうしたらもっと良いスタートが切れるか、良いスライディングが出来るか、を自分の中で考えた理論ですね。
 とくにプロに入ってからは、最初レギュラーを取れていなかったので、走る専門でやってきたので、まずは結果を出して、そこで成功してやっとレギュラーってところまで来るんだと思ったので、『走塁の選手』としてどうしたら成功するんだろうというところから考えて、導き出した僕の考えではあります。

このページのトップへ

【次のページ】 守備編:落下地点に素早く入るためのポイント

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

聖澤 諒
聖澤 諒
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 背番号:23
  • 生年月日:1985年11月3日
  • 出身地:長野県
  • 身長体重:179cm、72kg
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投左打
  • 経歴:松代高校-國學院大ー東北楽天ゴールデンイーグルス(08〜)
  • プロ入り:2007年 大学生・社会人ドラフト4巡目
  • 表彰:JA全農Go・Go賞:2回 (最多盗塁賞:2011年4・5月、2012年3・4月)
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第122回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「ドラフト1位の筆頭候補はスラッガータイプ」【ドラフト特集】
第527回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田一也選手「高校野球を見て守備について勉強している」【後編】 【2017年インタビュー】
第526回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田一也選手「天然芝だからこそ自分の守備技術を見直すことができた」【前編】 【2017年インタビュー】
第81回 藤平 尚真投手(横浜-東北楽天ゴールデンイーグルス)「若鷲投手陣の系譜を継ぐ『頭脳派右腕』」【ドラフト特集】
第32回 松井 裕樹投手(桐光学園-東北楽天ゴールデンイーグルス)「成功の最大の要因は技術ではなく、誰にでも可愛がられる性格」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第74回 オコエ 瑠偉(東北楽天ゴールデンイーグルス)「『あふれる吸収力』を武器に」【ドラフト特集】
第355回 松本第一、長野日大などシード校は初戦から息を抜けない展開に!【長野抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第393回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 裕樹投手「追究を続ける『ストレート』」 【2016年インタビュー】
第382回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「守備の真髄」 【2016年インタビュー】
第375回 東北楽天ゴールデンイーグルス 聖澤 諒選手【後編】「考える作業と行動する勇気を持つ重要さ」 【2016年インタビュー】
國學院栃木 【高校別データ】
松代 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー