第4回 株式会社Socio 魚谷秀夫 さん2010年05月25日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

第4回のOB訪問は、現在株式会社Socio代表取締役として活躍してされている魚谷秀夫氏にお話を伺いました。
魚谷氏は、高校、大学、社会人と野球をプレー。現在29歳ながら会社を経営する若き経営者です。(いわゆる松坂世代ですね。)
野球をやりながらどんなことを感じていたのでしょうか。お話を伺ってきました。


高校時代

スタッフ(以下「ス」):大阪から高校では東京の創価高校に進学。進学のきっかけは? 

魚谷氏(以下「魚」):元々上京思考が強かったのもありますが、きっかけは、明治大学を観てからです。 当時の明治大学は六大学で優勝してプロにも野村克則さんとか1チームから何人も排出していました。東京六大学の存在を知り、このリーグでやりたい。東京に出たいという気持ちが強くなりましたね。
そして中3の頃は、創価が3季連続で甲子園に出場していたんですね。そこで創価になにもたよりがなかったのですが、自分から売り込みに行きましたね。

「ス」:勉強などへの不安はありませんでしたか実際に高校に入学して感じたことは?

「魚」:甲子園経験者が先輩に多くいて、勝ち方を知っているレベルの高いチームでした。その中で僕はたまたま球が速かったので、入学してからすぐに練習試合でもチャンスをもらい、同学年の小谷野(現:日本ハム)と一緒に夏のベンチにも入れてもらうことができました。


でもレベルは高いなと思いましたよ。特にバッティングです。中学までの軟式だとあまりあてられたことがなかったのですが、高校ではポンポン飛ばされる。(笑)
ただ、一方で投手としてやっていけそうだなとも思っていました。
ここで甲子園にでて甲子園に3回ぐらいいけるかなという甘い考えがありました。 

「ス」:甘いですね~。

「魚」:はい。ただ2年の夏は決勝(堀越戦) はターニングポイントになりました。2回6失点でノックアウト。決勝の試合前に先発を言われ、準備ができないまま登板。最終的には12対11ぐらいで負けたので、完全に僕のせいですね。
不運もありましたが、それをマネジメントできる力も当時の僕にはなかったですね。
新チームに入っても、半分干された感じで、練習試合はレフトで出ていました。ボールも当然いかなかったです。
ただ、ここは試練だと思い、腐らず踏ん張りました。自分でピッチング練習をしていました。

「ス」:そして迎えた秋は準優勝。

「魚」:秋の本大会はすべてリリーフです。先発が序盤でいつも点を取られて、僕がロングリリーフで押さえて、逆転、みたいな感じで。
僕がつぶした甲子園だったので、チームを救えたのかな、恩返しができたかなという気持ちでした。
秋は心技体、すべて充実していましたね。試合前の準備、イメージがどのぐらい大事か、夏に勉強したので、具体的に勝った後の自分までイメージに落とし込んで準備をしていました。だから心に余裕があった。

「ス」:選抜ではPL学園と対戦。

「魚」:僕は大阪の人間なので、東京の代表として大阪のチームと当たるので不思議な縁を感じました。あの代のPL学園は松坂世代で唯一横浜を苦しめたチームですから。
僕らがPL中村監督に80勝目をプレゼントしましたよ。(笑)でも東京では味わえないレベルの高さを味わい勉強になりましたね。

「ス」:なるほど。それは夏に活かせたのですか?

「魚」:夏は日大三に敗れました。リリーフで登板し、結局、僕も撃たれて負けました。

「ス」:高校時代、やりきった感は?

「魚」:やはり選抜にでたこともあり、夏までになかなか士気をあげていけなかった感じはします。選抜に出て、みんな見ているし研究している。圧倒的な力がないと夏は厳しいと感じましたね。春からもう1ランクあげれたチームが連続で甲子園に出場できると思います。厳しいですよね。関東地方はレベルが高いですから。
そういう面で後から感じるとまだまだやることはあったのでないかと感じますね。

「ス」:今の魚谷さんから考えてこうした方がいいとか思うところはある?

「魚」:甲子園に行くというのは共通認識ではあったのですが、甲子園で勝つ、全国制覇となると、口では「全国制覇」と簡単に言えますが、実際に本当に勝つ練習をしていたのかなと思うと疑問が残ります。その部分がまだ当時の僕にはわかっていなかったと思います。
甲子園で勝つにはまだまだやることいっぱいあったよなと思います。

「ス」:口で行った事を実際に具現化するのは大切なことですよね。

【次のページ】 株式会社Socio 魚谷秀夫 さん(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

魚谷秀夫さん
魚谷秀夫 さん
  • 生年月日:1980年生まれ
  • 出身地:大阪府
  • 中学:大阪市立、成南中学
    3年時も第17回全国中学校軟式野球大会に2年連続で出場、3番・投手で準優勝。
    準決勝で大会史上初の完全試合達成。(現在も他に達成したものおらず)
  • 高校:創価高校 1年夏からベンチ入りし、主力として2年夏西東京大会準優勝。決勝戦では先発。
    2年秋、東京大会準優勝で翌年の第70回選抜高校野球大会にエースとして出場。
    2回戦で大阪・PL学園に破れる。この世代を代表する選手は松坂大輔=「松坂世代」
  • 大学:明治大学
    1年時に肩を痛め、2年時に手術。その後、痛みとの戦いと満足のいく投球パフォーマンスが最後まで出来ず、大学時代はスタンドから野球を見ることがほとんど。
    3年時に打者転向の打診がコーチよりあったが、視力がすでに悪かったため断った。
  • 社会人野球:Fedex
     社会人野球2大大会、都市対抗野球と日本選手権大会の出場をかけた代表決定戦で2度敗退。この時、主にセットアッパー(中継ぎ)として活躍。在籍4年で現役引退。
  • これらの経験から、アスリートが持つべき意識や、そのレベルに応じた必要な知識、また現代のアスリートが抱える問題と、今後のアスリートへの課題など…。
    まだまだやれることは沢山あり、磨けば光るダイヤの原石はゴロゴロいる。
    そんなアスリートを今より更にレベルアップさせ、一人でも多く世界の舞台で活躍できるアスリートが誕生してほしい。その為に必要な情報や商品を提供し続け、アスリートにとってなくてはならない存在となるのがSOCIOの使命と考え起業。
    またそのノウハウを今後は一般ユーザーにも発信して、日本のまだまだ眠っているスポーツの潜在市場を呼び起したい。
【関連記事】
第679回 菊地郁也(創価)「監督からも、チームメイトからも信頼されるような投手に」 【2018年インタビュー】
第600回 【東京都展望】混戦が予想される今秋!大会序盤で早稲田実業・関東一などの優勝候補同士が激突か?【大会展望・総括コラム】
第556回 空前の盛り上がりの中で終わった「清宮の夏」【西東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
第535回 東京ガス 山内佑規捕手「勝てる捕手が一番いい捕手」【後編】 【2017年インタビュー】
第532回 東京ガス 山内佑規捕手「下積み生活を乗り越えて掴んだ正捕手の道」【前編】 【2017年インタビュー】
第475回 伝説となったナイター決勝など熱戦を多く繰り広げた春の東京を振り返る!【東京都総括】【大会展望・総括コラム】
第463回 センバツ帰りの早稲田実業、日大三を追う各校の強豪たち【東京都展望】【大会展望・総括コラム】
第454回 高校ラストイヤーに燃える清宮幸太郎と清宮に対抗心を燃やすライバルたち【2017年東京都展望】【大会展望・総括コラム】
第487回 田中 正義投手(創価高-創価大)「日本一の投手、そして世界一の投手へ」【後編】 【2017年インタビュー】
第486回 田中 正義投手(創価高-創価大)「高校時代の後悔がストイックな自分にさせた」【前編】 【2017年インタビュー】
創価 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る