第20回 漫画家 寺嶋裕二先生2008年09月23日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

高校進学を決めた理由は??

寺嶋 高校は特に野球が目的で進学したわけではないです。小、中と野球はやっていたのですが、無駄にスパルタすぎて嫌でしたね。高校も最初はやる気は無かったのですが、中学の先輩に誘われ、春休みから練習に参加していました。

このページのトップへ


寺嶋先生が考える強豪校との差

寺嶋 そこまで強豪校ではなかったので1年生でも戦力として使われる事がありました。ところが強豪校は1年の時にはしっかりと体力作りをできる。僕らの高校はそれができないから意外と3年の時にみんな身体がボロボロになっている。本当にみんな、どっかしら痛めていました。

このページのトップへ


いつから漫画家を志望したのですか??

【取材こぼれ話】
2年の時は投手もやりましたが、練習試合しか投げていないんです。ストレートだけ。カーブが日によって曲がったり曲がらなかったり。だから大会は任せられなかったです(笑)。

寺嶋 進路を決める時に、漫画という選択がほんの少しだけありました。でも、描き方も分からなくて、画用紙だけ買ってきて、一枚だけ表紙描いた記憶がありますね。

――野球を続ける気持ちはあったのですか??

寺嶋 高校野球が終わった時は凄く充実感がありました。けど入部した時は先輩に連れて行かれた感があり、少しやらされていたところがあったんですね。次はやらされるのではなくて、自分で何かを探したい想いがありました。

また、大学も行く意味が分からなかった。でも漫画を描くとは言えなくて、ただ、なんとなく、行きたくなかった。で、親に相談したら「大学に行きたくない理由も分からないなら行って遊んでくればいいじゃない。」と言われ、「そういう考え方もあるんだ。」と思い進学しました。ただ、大学に通いながら卒業する時には漫画家になろうと思っていましたね。

高校の進路相談の時は、全く漫画の業界のことを分かっていませんでした。野球しかやってこなかったし、田舎だから漫画の専門学校があることも知らなかったですね。しかも進路相談の先生が野球部の部長。その人に漫画家になりたいとは…なんか言えないというか(笑)。

先生にしたら「なに言ってるの??」みたいな。野球をやっていた事がプラスに働いて、大学に行けたんじゃないの、みたいな感じだったので。なので当然、部長先生からは大学行って野球やると見られていましたね。実際、野球をやっていたというのは面接で有利ですよね。そういうのだけだと思うんですけど。だから面接の時に野球やりますって嘘つきました(笑)。
もちろん、野球部には入らなかったです。

――大学に通いながら徐々に方向性が決まってきたんですね。

寺嶋 全く高校時代とは間逆の事をやろうと思い軽音楽部に入ったんですよ。お前、足太いなとか言われながら。兄がバンドをしていて、僕は坊主でずっと野球だったので、兄を見ていいな〜って思って。実際は意外と体育会系のノリで、違うなと。ここでもタテ社会かよって(笑)。

――なるほど、だいたい高校球児を卒業して1年2年のOBは反動で髪の毛が凄い事になってますよね(笑)。

寺嶋 少しは高校時代に坊主だった事で溜まっていたものはあるとは思います。でもなんか軽音楽部に入って、なんか全然違うって気づけた意味では、入って良かったですね。1年ですぐ辞めましたけど。その後、1回だけもの凄く練習してライブやって、それで十分やり切ったというか、それ以上になれる気がまったくしなかったですからね。でもその時の何人かの友達と仲良くなって、で、そいつらが面白い考えをしていて例えばこの映画面白いよとか、そういう教えてくれたんですよ。そこがあったからなんか、漫画につながってきたのかなと思います。

――具体的にはいつぐらいから漫画家を志望していたのですか??

寺嶋 3年くらいの時には決めていましたね。
クローズっていう漫画が好きなんですけど、その漫画のおまけに俺はこうやって漫画家になったんだと言うことが書いてあったんですよ。「出版社に持っていけばよい」と。だからとりあえず、漫画を描いて出版社に送って帰ってくるということを繰り返しました。東京に行くつもりだったから就職活動は一切しなかった。それで周りに決意を見せていました。

――大学の友達なんて今の姿は想像できないんですね。

寺嶋 漫画家になるとは何人かには言いましたが、そいつら以外は知らないんじゃないんですかね。

このページのトップへ


【次のページ】 漫画家 寺嶋裕二先生(3)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

寺嶋裕二さん
  • 出身地:香川県
  • 出身校:善通寺第一高校
  • ポジション:高三時はクリーンアップで活躍。
  • H11年読み切り野球漫画「メンバー」が第62回マガジン新人漫画賞にて佳作を受賞。
    マガシンFRESHに掲載されデビュー。
    H14年マガジンSPECIALにてテニス漫画「GIANT STEP」の連載を開始。
    H15年「橋の下のバットマン」とH17年「幻の甲子園」(野球ドキュメント漫画)の読み切り掲載を経て、H18年5月より野球漫画「ダイヤのA」を連載中。
    「ダイヤのA」で第53回(平成19年度小学館漫画賞少年向け部門受賞。
【関連記事】
第73回 出動!球児に聞き隊!【好きな野球漫画は?】【野球総合研究所】
第67回 出動!球児に聞き隊!【好きなテレビ番組は?】【野球総合研究所】
第56回 漫画家 寺嶋裕二先生 【2010年インタビュー】
善通寺一 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー